特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品ー雪舟、永徳から光琳、北斎までー」 のチケット情報


狩野永徳筆で、皇室ゆかりの名品である「唐獅子図屏風」と、永徳最晩年の名品で国宝の「檜図屏風」を、会期前半と後半に分けてそれぞれ公開するのに加えて、雪舟、尾形光琳、葛飾北斎らの名品を、一堂に紹介する展覧会

  • 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品ー雪舟、永徳から光琳、北斎までー」
  • 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品ー雪舟、永徳から光琳、北斎までー」
  • 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品ー雪舟、永徳から光琳、北斎までー」
  • 特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品ー雪舟、永徳から光琳、北斎までー」

特別展「美を紡ぐ 日本美術の名品」は、出品作品を41件に増やし、また、全作品の全期間展示を決定しました。

作品件数増に伴い、東京国立博物館本館2階の特別1・2室も会場となります

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 有効期間

    2019/5/3(金・祝) ~ 2019/6/2(日)

    会場

    東京国立博物館 本館特別4・特別5室 (東京都)

  • 注意事項

    チケットは、期間中1回有効。開館時間=9:30~17:00、金・土曜日=9:30~21:00。入館は閉館の30分前まで。月曜日(5/6(月)を除く)、5/7(火)休館。中学生以下は無料。展示作品数増加により、東京国立博物館本館2階特別1・2室も会場となります。

    公演などに関する問い合わせ先

    ハローダイヤル:03-5777-8600