「錆色のアーマ」-繋ぐ- のチケット情報


錆色の鼓動、再びー初演に続き、W主演として孫一役には、佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、織田信長役を、増田俊樹が続投!

  • 「錆色のアーマ」-繋ぐ-
  • 「錆色のアーマ」新作
  • 「錆色のアーマ」新作
  • FANTASTICS from EXILE TRIBE

■ 公演について

孫一役:佐藤大樹(EXILE / FANTASTICS from EXILE TRIBE)、織田信長役:増田俊樹の主演2人と共に、孫一率いる雑賀衆のメンバー、鶴首役:荒木健太朗、蛍火役:永田崇人、黒氷役:平田裕一郎、木偶役:章平、アゲハ役:神里優希が続投する。

さらに今回「錆色のアーマ」の世界に加わるのは、舞台、テレビドラマ、映画など多岐に渡って活躍し、多くの作品で主演を務める実力派の佐藤永典、ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』や舞台「カードファイト!!ヴァンガード」など変幻自在に役を演じ分ける石渡真修、ミュージカル『刀剣乱舞』にて武蔵坊弁慶を演じ、舞台上で圧倒的な存在感を発揮する田中しげ美「Fate/Grand Order THE STAGE -絶対魔獣戦線バビロニア-」の主演を務め、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍をみせる丘山晴己、舞台『刀剣乱舞』やミュージカル「黒執事」などミステリアスな演技でひときわ異彩を放ち、観客を魅了する玉城裕規

新たなキャラクターたちをむかえ、「錆色のアーマ」の歴史が再び動き始める―


そして、脚本に舞台『メサイア』シリーズ、原作・ストーリー構成の高殿円、演出・上演台本には初演に続き元吉庸泰、作品を彩る音楽に、漫画家、ミュージシャンとして活動している田口囁一、『Club SLAZY』シリーズの振付でも知られる當間里美が振付を手がける。初演同様、演出を担当する元吉に加え、新たな息吹をもたらす精鋭スタッフ陣によって生み出される「錆色のアーマ」は、2019年6月6日 (木)から東京公演を皮切りに、愛知、大阪にて上演する。新作

公演ではどのようなものがたりが描かれるのか、乞うご期待!

■ STORY

そこは、あの時。あの場所。本能寺、織田信長と雑賀衆たちが炎に分断された直後。
炎の中、ひとり佇む信長の元に、人ならざる影が現れる。そこから繋がり始める、新たなる錆色の物語。

本能寺より帰還した最強の傭兵集団、雑賀衆の孫一たち。そこへ雑賀の里を含む紀州惣国を取り仕切る男、藤白が孫一に呼び出しをかける。それは紀州惣国の恒久の平和を繋ぐためであった。
一方で天魔王・織田信長の死は瞬く間に広がり、戦国の世は新たな局面を迎える。信長の地盤を継ぐ羽柴秀吉の裏には、この世の理を喰らい尽くさんとする陰陽師、賀茂在昌の姿があった。在昌に唆され、秀吉は最愛の息子秀勝の命を繋ぐため、アーマを、孫一を手に入れようとする。

そして全てを奪われた信長は、薄れていく意識の中で、孫一の青い瞳の記憶を辿る。
孫一を中心に全てが繋がっていく、真実の歴史の物語。

■ 本公演の主題歌が、FANTASTICS from EXILE TRIBEの新曲「Tie and Tie」に決定

「Tie and Tie」は「錆色のアーマ」のために書き下ろされ、"繋ぐ"という言葉をテーマに、希望と絶望が隣り合わせの中で真実の歴史が繋がり始める「錆色のアーマ」の世界に寄りそう1曲。
劇中にて初めて音源が披露されますので、ぜひ劇場にてお楽しみください。



★FANTASTICSが主題歌を担当するにあたり、佐藤大樹からコメントが届きました。

この曲には大きなテーマのひとつとして"繋ぐ"があります。
舞台と同様、先代が築きあげてきたものを後世に受け継いだり、自分達で新たな時代を切り開いていくという意志や大切な仲間や家族、ライバルとの絆、全ての物事は出会いや人と人との大切な繋がりからはじまり、今に至っているという思いが込められています!

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/6/6(木) ~ 2019/6/30(日)

    会場

    天王洲 銀河劇場 (東京都)
    岡崎市民会館 あおいホール (愛知県)
    梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ (大阪府)

アーティスト情報