マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」 のチケット情報


斬新な手法で古典作品を新解釈する英国バレエ界の奇才 マシュー・ボーン。その名を轟かせた『白鳥の湖~スワン・レイク~』が新演出でさらなる進化!

  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」
  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」
  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」
  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」
  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」
  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」
  • マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」

■公演について

男性による「白鳥の湖」でバレエ界、演劇界に革命を起こしたマシュー・ボーン氏。バレエ史上初、4ヶ月公演というロングラン世界記録を樹立した驚異のバレエがこの夏、新演出版となって11日間の限定公演で来日。


世界を驚かせた、男性による「白鳥の湖」


バレエ作品で最も有名な作品と言っても過言ではない「白鳥の湖」。悪魔によって白鳥の姿に変えられてしまったオデット姫と若き王子の悲恋を描いたチャイコフスキーの古典バレエを、マシュー・ボーンは力強い男性ダンサーが野生的な魅力たっぷりに白鳥を演じ、スタイリッシュな衣裳や斬新なセットと共に、エネルギッシュで美しいコンテンポラリー・ダンスに一新した。1995年に初演された当時、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルダンサーに昇格したばかりのアダム・クーパーを起用するという大胆なキャスティングも行い、バレエ界を驚かせる。アダム自身、男性で白鳥の湖を上演するというアイディアを聞いた時は、「正気なのか?」と思ったほどだ。実際、初演の幕が開けると、席を立つ観客がいるほど衝撃的だったのだ。しかし、この作品は一夜にしてバレエ界の常識を覆す伝説的な作品となったことは今でも記憶に新しい。そして今回、マシューが新たに主役スワン/ストレンジャー役に起用したのが、昨年英国ロイヤルバレエ団のプリンシパルに昇格し、アダム・クーパーの再来との呼び声が高い、バレエ界の若き新星マシュー・ボール。ミュージカルの世界からオーディションでマシューに見出され活躍を続けるウィル・ボジアー。そして長年イングリッシュ・ナショナル・バレエでソリストとして活躍し続けたマックス・ウエストウェルの3人だ。それぞれ異なる魅力を放つ3人のスワンがこの夏渋谷に初来日。


さらには、マシューの革新的な作品創りとその功績は、バレエ界の枠を超え高く評価され、先日行われた英国で最も権威ある舞台芸術賞、ローレンス・オリビエ賞にて特別賞を受賞した。そんな彼が、1995年の初演以来はじめて、振付や照明など細部にわたり手を加えた新演出版マシュー・ボーンの「白鳥の湖~スワン・レイク~」が日本に上陸する。

■STORY

とある王国で、母の愛を知らずに育った王子。公務をこなす毎日だが、そんな自分の生活になじめない彼は、ガールフレンドが出来たものの、女王(母)は二人の仲に反対するばかりか、酒に溺れ、愛を求める王子を拒絶する。ある日、ガールフレンドを追ってナイト・クラブへ入った王子は、酔っ払って他の客といさかいを起こし、つまみ出されたところをパパラッチに激写されてしまう。いつしか夜の公園にたどり着き、さまよう王子。生きることに疲れ、絶望した王子は命を絶とうとする。そんな彼の前に、一羽の雄々しい白鳥が現れる。群れを率いて舞う、その美しく力強い姿に、王子の孤独な心は癒され、彼は生きる気力を取り戻すのだった。宮殿では、各国の王女たちを招いた舞踏会が開かれていた。そこに遅れてやってきた、妖しげな魅力を漂わせた、一人の男。その男を見て、王子は激しく動揺する。 彼は、あの公園で出会った白鳥と瓜二つだったのだ。男は人々を次々に挑発、誘惑していき、ついには女王の関心をとらえる。そんな光景に耐えられず、王子が逆上のあまり起こした行動が、さらなる悲劇を招き…。


■キャストよりコメント

<スワン/ストレンジャー役>

【マシュー・ボール (英国ロイヤル・バレエ団 プリンシパルダンサー)】

この素晴らしい「白鳥の湖」で踊りたいといつも願っていましたが、私のキャリアの中のこの時期にそれが実現したのは本当に夢のようなできごとです。日本は公演のためにだけでなく是非行きたいと思っていた場所なので、今回の来日をとても楽しみにしています。日本に行ったらそのカルチャーや人々、そしておいしい食べ物に出会いたいです。日本の観客は世界でもっとも暖かく、熱狂的なので、そのような雰囲気の劇場で演じられることをとても嬉しく思います。皆さんとお会いできることが待ち遠しいです!


【ウィル・ボジアー】

スワンとストレンジャーの2役は、とても似ていると同時にとても異なるキャラクターです。アダム・クーパーが初演時にこの驚異的な役を作り上げたのですが、この役は子供の頃からずっと一番やりたいと夢見ていた、本当に、本当に驚くべき役です。ニュー・アドベンチャーズには5年間所属していますが、この作品が私をここまで連れてきてくれました。日本でこの役を演じられることが楽しみです!そして新しいバージョンのショーをお見せできるので、今からとってもエキサイトしています!


【マックス・ウェストウェル】

長年所属していたイングリッシュ・ナショナル・バレエから新しい作品や新しい事、違う角度のものを求めてニュー・アドベンチャーズに活動の場を移しました。マシューの作品は、私が10歳頃から観てきて、特にこのスワン役はいつか演じてみたい、とずっと思っていました。まだ日本に行ったことがないので、すでにとてもエキサイトしています。日本の文化に触れ、みなさんにご覧いただくことを楽しみにしています。そして何より皆さんに楽しんで頂けるように、出来る限りのパフォーマンスをお見せします!一緒に楽しみましょう。


<王子役>

【ドミニク・ノース】

ニュー・アドベンチャーズで最初に演じた大きな役がこの王子役でした。前回この役を演じた時からさらに人生経験を重ね、この役を演じ続けて行く中で、役の持つ、自分のなりたい自分らしく、ということが年齢を超えた要素として表現に繋がっています。日本は2005年に私が人生で初めてツアーに行った地ということもあり、自分にとって特別な場所で、東京は第二の故郷のように感じています。そして、再びオーチャードホールで日本のお客様と会えることを楽しみにしています!


【ジェイムズ・ラヴェル】

この作品は金字塔とも言えるものだと思います。全ての男性ダンサーの夢でもあるような作品で、このように早い時期にこんなにも大役を演じられることは、とてつもない出来事で、圧倒されています。そして、これまでに名だたる名優が演じてきた役なので、大変な責任を負っているとも感じています。東京に行くのは今回が初めてなので、日本の皆さんの前で演じる事、新しい王子をお見せできることをとても楽しみにしています!

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/7/11(木) ~ 2019/7/21(日)

    会場

    オーチャードホール (東京都)

  • 注意事項

    未就学児童は入場不可。出演者は都合により変更の可能性あり。車椅子での来場は問合せ先まで要連絡。

    公演などに関する問い合わせ先

    ホリプロチケットセンター:03-3490-4949

アーティスト情報