ブロードウェイミュージカル「シカゴ」 のチケット情報


ロキシー・ハート役は3度目のブロードウェイ主演を務める米倉涼子!

  • ブロードウェイミュージカル「シカゴ」

公演について

NY・ブロードウェイ(BW)の初演から22年を迎え、アメリカ作品として歴代1位のロングラン、世界36か国・500都市以上・12言語で上演されているメガヒット・ミュージカル『シカゴ』。

実話に基づいた二人の悪女によるスキャンダラスなシンデレラ・ストーリーは、奇しくも人々の共感を生み、「オール・ザット・ジャズ」など、名曲揃いのミュージカル・ナンバーと、鬼才ボブ・フォッシーの振付を体現するセクシーな衣装に身を包んだ超一流のダンサーたちは、世界中の観客を魅了している。

この作品で2012年にBWデビューを飾り、2017年の『シカゴ』20周年アニバーサリーイヤーにもBW公演でロキシー・ハート役を務めた米倉涼子が、自身の女優人生20周年を記念する2019年、日本人女優史上初となる3度目のブロードウェイの舞台へ!

そして、8月に来日するアメリカ・カンパニーの特別公演にも引き続き主演。来日キャストは、ヴェルマ・ケリー役で史上最多出演数を誇るアムラ=フェイ・ライトが決定。

女優20周年を迎え、様々な役柄を演じてきた女優米倉涼子が、唯一自ら求め続ける役、ロキシー・ハート。さらにパワーアップしたプレミアム公演をお見逃しなく!


《ストーリー》

1920年代のジャズ全盛時代、イリノイ州シカゴ。不倫を重ねていた夫と妹を殺した元ナイトクラブ・ダンサー、ヴェルマ・ケリーが収監されている監獄に、新顔がやってくる。彼女の名はロキシー・ハート。冴えない夫エイモスに飽き飽きしている女優志願の人妻ロキシーは、自分を捨てようとした愛人フレッド・ケイスリーを殺害したのだ。悪徳敏腕弁護士ビリー・フリンの力でメディアの注目を一身に集め、スターとなっていたヴェルマに負けじと、ロキシーもビリーを雇ってマスコミを利用し、正当防衛の“悲劇のヒロイン”として一躍メディアの寵児になっていく。スポットライトを求めるロキシーの快進撃はどこまで続くのか?彼女と反目するヴェルマのリベンジは?二人の女と一人の男の名声を賭けた争いが今、幕を開ける──。

舞台写真

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

(C) Tanabe Keiko

チケット情報

公演エリア
現在販売中のチケットはありません。

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/8/1(木) ~ 2019/8/18(日)

    会場

    東急シアターオーブ (東京都)
    オリックス劇場 (大阪府)

  • 出演者など

    [出演]米倉涼子 / アムラ=フェイ・ライト / 他 [作詞]フレッド・エッブ [作曲]ジョン・カンダー [劇作・脚本]フレッド・エッブ&ボブ・フォッシー [演出・振付]ボブ・フォッシー [演出]ウォルター・ボビー [振付]アン・ラインキング

アーティスト情報