ネザーランド・ダンス・シアター のチケット情報


世界を牽引する現代バレエ団NDTが13年ぶりに来日!

  • ネザーランド・ダンス・シアター
  • ネザーランド・ダンス・シアター
  • ネザーランド・ダンス・シアター
  • ネザーランド・ダンス・シアター-The Statement-190307
  • ネザーランド・ダンス・シアター

公演について

才能豊かな気鋭振付家と世界中から集まった選りすぐりのダンサーたちによる共同制作によって、年間10あまりの新作バレエを発表し、国内外で上演を続けているNDT(ネザーランド・ダンス・シアター)。そのNDTが13年ぶりの来日公演に選んだのは、その魅力を余すとことなく知ることのできる多様な作品群。今最も注目度の高い人気振付家でNDTのアソシエイト・コレオグラファーのクリスタル・パイトとマルコ・ゲッケ、そしてNDTの芸術監督であり専任振付家のポール・ライトフットとソル・レオンによる豪華4作品を、一挙同時上演します。
また、本公演は、今シーズン限りで芸術監督を退くことが発表されたライトフットが率いる最初で最後の来日公演になります。
極限まで鍛え抜かれた身体スキルと表現力を備えたNDTのダンサーと、人気振付家たちの豊かな想像力の化学反応によって誕生した多様な4作品をどうぞお楽しみください!

プログラム

◆「Shoot the Moon」シュート・ザ・ムーン

振付:ソル・レオン、ポール・ライトフット

音楽:フィリップ・グラス


3つの部屋では3組のカップルによるそれぞれの物語が展開している。部屋を隔てるドアは空いているのか閉まっているのか、新しい世界は直ぐそこにあるのにいつも届かない。緊密な人間関係と内在する感情が、回転するダイナミックな舞台美術とリアルタイムで投影される映像によって赤裸々に表出され、見る者の内面をも映し出す。


◆「Singulière Odyssée」シンギュリア・オデッセイ

振付:ソル・レオン、ポール・ライトフット

音楽:マックス・リヒター


午前9時36分、スイス国境にあるバーゼル駅待合室。様々な事情、背景をもつ人々が行き交う。「ひとつの旅」と訳される仏語タイトルのこの作品は、ひとが旅すること、移動することなど、生に向かう永続的な環境の中での多様な変化にフォーカスしている。マックス・リヒターが新作ダンスのために作曲した音楽、建築的な空間、洗練された衣裳やテキスタイルなど、関係するアーティストの美意識が完璧なまでに時空間を支配する。内省的な「Shoot the Moon」とは対照的に冷静に社会を俯瞰する開放的な作品でもある。


◆「The Statement」ザ・ステイトメント

振付:クリスタル・パイト

音楽:オーエン・ベルトン


世界中のバレエ団から依頼が絶えない、今最も話題の振付家、クリスタル・パイトのタンツテアター的作品のエッセンスを堪能できる代表作。カナダのエレクトリック・シアターの芸術監督ジョナサン・ヤングのテキストをベースに、語りながら踊るダンサーたちの演劇性の高い身体表現は、支配・戦い・責任などの現代社会を反映し、観る者に現実の社会を突きつける。


◆「Woke up Blind」ウォーク・アップ・ブラインド

振付:マルコ・ゲッケ

音楽:ジェフ・バックリィ


40代半ばにして、すでに70を超える作品を創作する天才振付家のマルコ・ゲッケが、NDTのために創作した代表作。悲劇的に若くして亡くなったジェフ・バックリィの音楽「You and I」と「The way young lovers do」を使用することで、異なる方法で愛を扱っている。従来の音楽とダンスの関係を超え、身体表現と音楽との新たな可能性を切り開く名作である。

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/6/28(金) ~ 2019/7/6(土)

    会場

    神奈川県民ホール 大ホール (神奈川県)
    愛知県芸術劇場 大ホール (愛知県)

アーティスト情報