フィルハーモニア管弦楽団 のチケット情報

東京芸術劇場 海外オーケストラシリーズ


サロネン&フィルハーモニア管弦楽団の集大成! 歴史に刻まれる必聴のプログラム!!

  • エサ=ペッカ・サロネン
  • トゥルルス・モルク(1/23公演出演)
  • 庄司紗矢香(1/28公演出演)

公演について

サロネン&フィルハーモニア管弦楽団の集大成!

英国の名門オーケストラ、フィルハーモニア管弦楽団。2008年より同オケの首席指揮者兼アーティスティック・アドバイザーを務めているエサ=ペッカ・サロネンが、2020/2021シーズンを最後に退任を発表。フィルハーモニア管との最終シーズンとなる2020年1月に東京にて来日公演を行います。


今回の来日公演は、東京芸術劇場にて1月23日《春の祭典》、28日《火の鳥》、29日《マーラー9番》と3夜に渡っての開催です!
サロネンによる自作曲、日本初演《チェロ協奏曲》は、本来日ツアーで一夜限り。チェロ:トゥルルス・モルクとは欧米公演で共演を重ね、エレクトロニクスを用いた複雑な楽曲を鮮やかに聴かせてくれることでしょう。ヴァイオリン:庄司紗矢香との共演も聴き逃せません。歴史に刻まれる必聴のプログラムです!!


⇒東京芸術劇場公式サイトはこちら


■出演
指揮:エサ=ペッカ・サロネン(首席指揮者&アーティスティック・アドバイザー)
チェロ:トゥルルス・モルク(1月23日)
ヴァイオリン:庄司紗矢香(1月28日)
管弦楽:フィルハーモニア管弦楽団

■曲目
★1月23日(木)19:00開演
ラヴェル/組曲『クープランの墓』
サロネン/チェロ協奏曲 (日本初演) ※トゥルルス・モルク(チェロ)
ストラヴィンスキー/バレエ音楽『春の祭典』


★1月28日(火)19:00開演
シベリウス/交響詩『大洋の女神』op.73
ショスタコーヴィチ/ヴァイオリン協奏曲第1番 イ短調 op.77 ※庄司紗矢香(ヴァイオリン)
ストラヴィンスキー/バレエ音楽『火の鳥』


★1月29日(水)19:00開演
サロネン/ポルックス
マーラー/交響曲第9番 ニ長調

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2020/1/23(木) ~ 2020/1/29(水)

    会場

    東京芸術劇場 コンサートホール (東京都)

  • 公演などに関する問い合わせ先

    東京芸術劇場ボックスオフィス:0570-010-296

アーティスト情報