『チック』 のチケット情報


2017年に日本初演を飾り、その年の数々の賞を受賞した、ドイツ発少年2人の瑞々しい夏の冒険物語、待望の再演!出演は柄本時生、篠山輝信ほか。

  • 『チック』
  • 『チック』

◆開幕!初日写真が届きました。

  • 980x400.png

     

  • 980x400.png

     

  • 980x400.png

     

  • 980x400.png

     

▲ 撮影:細野晋司(ほそのしんじ)

《プレビュー初日コメント》

プレビュー初日を終えた現在の心境や、本作・ご自身の役の魅力についてメッセージをいただきました!


◆小山ゆうな [翻訳/演出]

お客様がとても暖かく見守ってくださり、出演者にも初日で緊張があったと思うんですが、客席の反応にすごく助けて頂いて、演者とお客様の間でどんどん作品が一緒に作られていくという感じがしました。『チック』にはとても普遍的な要素が詰まっていて、特に戦争や移民、性的指向の話題に関しては、初演時よりも演じる側やお客様の方も触れている情報が多くなったことで、よりタイムリーに伝わり、さらにこの作品を深くお分かり頂けているように思います。時代によって戯曲のとらえ方も変わっていくことを感じました。毎日少しずつ違う事が起こったり、お客様の反応によって変わる場面がいくつかあるので、たくさんの方に楽しんでご覧いただけたらと思います。


◆柄本時生 [チック(アンドレイ・チチャチョフ)]

楽しかったのと、何と言うか初演の時よりもすごく劇場全体の空気が「柔らかく」感じました。それは初演にはない、新しい感覚でしたね。今回やってみて、この作品は思いのほかライトなんだって思いました。思いのほかライトで、でも思いのほかキツくて、その振り幅がすごくはっきりしているんですけど、その両方が綺麗に混ざっている感覚。それが『チック』なんだと思いました。再演によって色々なことがいい意味でフラットになって、今日のお客さんの姿を見ていると、観やすくなっているんじゃないかと思います。楽しんで観れると思いますので、ぜひ観に来てください。


◆篠山輝信 [マイク・クリンゲンベルク]

稽古場で何回も何回も稽古をしてきましたけど、お客様という、マイクにとって初めて話を聞いてもらう相手役が表れて、ようやく完成したというか、始まったなと感じました。どんどんお客様と会話をしていくことで劇場全体が渾然一体となって、気づいたらみんなで旅を終えていたみたいな。人と人とが想像力をキャッチボールして初めて完成する、ものすごく魅力的な作品だと思います。初演の時はこういうことは言わなかったですけど、責任を持ってみなさんを旅に連れて行きます!演劇で旅をするというすごい体験をしに来てほしいなと思います。是非一緒に旅に行きましょう!

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/7/13(土) ~ 2019/7/28(日)

    会場

    シアタートラム (東京都)

  • 出演者など

    [翻訳・演出]小山ゆうな [出演]柄本時生 / 篠山輝信 / 土井ケイト / 那須佐代子 / 大鷹明良

    注意事項

    未就学児童は入場不可。

  • 公演などに関する問い合わせ先

    世田谷パブリックシアターチケットセンター:03-5432-1515

アーティスト情報