フェリ、ボッレ&フレンズ のチケット情報


バレエ界の伝説――アレッサンドラ・フェリとロベルト・ボッレ+豪華ゲスト9人で贈る至高のバレエ・ガラ!

  • フェリ、ボッレ&フレンズ
  • フェリ、ボッレ&フレンズ

■ 公演について

ジュリエット、マノン、椿姫などのヒロイン像を演じてめくるめくオーラを放ち、一世を風靡する人気を誇りながら44歳で引退。その後、50歳でバレエ・ダンサーとして奇跡の復活を遂げたアレッサンドラ・フェリ。

古代ギリシャ・ローマの彫像のように輝くばかりの完璧な容姿と端正な技術を備え、数々のバレリーナから相手役に望まれて世界的に活躍。その若々しい美をいまも驚くほど保ちつつ、演技を成熟させてきたロベルト・ボッレ。

二人の華麗なイタリアン・スターに共通するのは、じつは、生来の才能に恵まれてなお、バレエに一途に身を捧げるという不器用な流儀かもしれません。

昨年の世界バレエフェスティバルでも存在感を示した彼ら“レジェンド”を中心に、豪華ゲスト9人を加えた〈フェリ、ボッレ&フレンズ〉がついに東京で実現します!

Aプロのハイライトは、フェリとボッレが共演する「マルグリットとアルマン」(全編/フレデリック・アシュトン振付)。英国ロイヤル・バレエ団のマーゴ・フォンテイン以来、大プリマだけが踊ることを許される作品です。Bプロでは、巨匠ジョン・ノイマイヤーがイタリアの有名女優を題材に、フェリを起用して創作、彼女の復帰作の一つとなった『ドゥーゼ』より、「フラトレス」を上演。ノイマイヤー自身が来日して監督、指導に当たり、彼が選んだハンブルク・バレエ団のダンサーたちがフェリと共演します。

そしてフェリ、ボッレとの共演でなじみあるマルセロ・ゴメス、メリッサ・ハミルトン、上野水香に加えて、バレエ・ファンから厚い信頼を寄せられる実力派のシルヴィア・アッツォーニとアレクサンドル・リアブコのペアも参加。真のアーティストだけが与えられる、至福のバレエの時を、あなたに贈ります!

■ 演目

<Aプロ>

「マルグリットとアルマン」全編
振付:フレデリック・アシュトン、音楽:フランツ・リスト 約30分
出演:アレッサンドラ・フェリ、ロベルト・ボッレ、ほか


「カラヴァッジオ」
振付:マウロ・ビゴンゼッティ、音楽:ブルーノ・モレッティ

出演:ロベルト・ボッレ&メリッサ・ハミルトン


「クオリア」
振付:ウェイン・マクレガー、音楽:スキャナー

出演:ロベルト・ボッレ&メリッサ・ハミルトン


*そのほか下記のメンバーによるパ・ド・ドゥを上演予定
シルヴィア・アッツォーニ、上野水香
マルセロ・ゴメス、アレクサンドル・リアブコ



<Bプロ>

「フラトレス」~「ドゥーゼ」より
振付:ジョン・ノイマイヤー、音楽:アルヴォ・ペルト
出演:アレッサンドラ・フェリ、カレン・アザチャン、カーステン・ユング、アレクサンドル・トルーシュ、マルク・フベーテ


「作品100~モーリスのために」
振付:ジョン・ノイマイヤー、音楽:サイモンとガーファンクル

出演:ロベルト・ボッレ、アレクサンドル・リアブコ


◆「TWO」
振付:ラッセル・マリファント、音楽:アンディ・カウトン

出演:ロベルト・ボッレ


*そのほか下記のメンバーによるパ・ド・ドゥを上演予定
シルヴィア・アッツォーニ、上野水香
マルセロ・ゴメス、アレクサンドル・リアブコ

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/7/31(水) ~ 2019/8/4(日)

  • 注意事項

    未就学児童は入場不可。出演者は予定のため変更の可能性あり。

    公演などに関する問い合わせ先

    NBSチケットセンター:03-3791-8888

アーティスト情報