読売日本交響楽団 プレミアム・コンサート<展覧会『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ― 線の魔術』開催記念> のチケット情報

「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術」開催記念プレミアム・コンサート

スメタナ(交響詩「モルダウ」)/他


展覧会「みんなのミュシャ」の開催を記念したプレミアム・コンサート! 指揮は藤岡幸夫。ソリストにサクソフォン奏者・上野耕平を迎えます。“音楽で辿る、ミュシャへの旅”をどうぞお楽しみください。

  • 読売日本交響楽団「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ-線の魔術」開催記念プレミアム・コンサート
PRスポットはこちら

▲ PRスポットはこちら



▼インタビュー動画

藤岡幸夫&上野耕平インタビュー動画はこちら (YouTube 日テレ公式チャンネル)

公演について

7月13日に開幕するこの夏注目の展覧会『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ ― 線の魔術』。“主役”であるアルフォンス・ミュシャは19世紀末から20世紀にわたって駆け抜けたアール・ヌーヴォーの旗手。その同じ時代には、スメタナ、ドヴォルザーク、ヤナーチェクといったチェコの作曲家たちがいます。彼らは、絵画と音楽というジャンルを超え、触発を受け、影響を与えながら、祖国チェコへの想いと誇りを作品に託しました。

この音楽会では、そんなチェコへの想いが詰まった名曲たちを、我が国屈指のオーケストラ・読売日本交響楽団の演奏でお届けします。指揮は情熱的なタクトで高い人気を誇る藤岡幸夫。読響との共演は実に久しぶりです。互いに得意とし、節目となる演奏会で披露してきた『新世界』は、特に注目のプログラムと言えましょう。

そして、ミュシャが活躍した当時のパリには、2歳年下のドビュッシーが。当夜は、19世紀に誕生したばかりの新しい楽器・サクソフォンを大胆にフィーチャーした『アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲』を、高い実力と人気を兼ね備えた新進気鋭のサクソフォン奏者・上野耕平の独奏でお楽しみいただきます。

■曲目
スメタナ:交響詩〈モルダウ〉
ドビュッシー:アルト・サクソフォンと管弦楽のための狂詩曲
ヤナーチェク:〈シンフォニエッタ〉から“ファンファーレ”
ドヴォルザーク:交響曲第9番 ホ短調 作品 95〈新世界から〉

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/7/1(月)

    会場

    オーチャードホール (東京都)

  • 出演者など

    [指揮]藤岡幸夫 [独奏・独唱]上野耕平(sax)

    注意事項

    未就学児童は入場不可。曲目・出演者は都合により変更の可能性あり。車椅子での来場は問合せ先まで要連絡。

  • 公演などに関する問い合わせ先

    サンライズプロモーション東京:0570-00-3337

アーティスト情報