シンディ・ローパー のチケット情報


4年振りとなる来日公演。80年代から活躍を続け、音楽界で最も愛されるアイコンのひとり、シンディのデビュー35周年を祝うアニバーサリー・ツアーをお見逃しなく!

  • シンディ・ローパー
  • シンディ・ローパー
  • シンディ・ローパー

公演について

1953年6月22日、米ニューヨーク生まれの歌手、女優。1978年、ロック・バンド“ブルー・エンジェル”を結成し、80年にレコード・デビュー。83年、フィラデルフィアのバンド“フーターズ”のバック・アップを受けて、ソロ・デビューを果たす。デビュー・アルバム『シーズ・ソー・アンユージュアル』は、アメリカだけで450万枚、全世界では800万枚という驚異的なセールスを記録。1stシングル「ガールズ・ジャスト・ワナ・ハヴ・ファン」から、「タイム・アフター・タイム」、「シー・バップ」、「オール・スルー・ザ・ナイト」とデビュー作から4曲連続トップ5入りした初の女性ソロ・アーティストとなる。続いて、映画『グーニーズ』のサントラに参加。シングル「グーニーズはグッド・イナフ」も全米10位のヒットを記録。1986年、2ndアルバム『トゥルー・カラーズ』を発表。このアルバムからも「トゥルー・カラーズ」「チェンジ・オブ・ハート」「ホワッツ・ゴーイン・オン」といったシングル・ヒットを生んだ。陽気で活力あふれる個性的な歌声で人気を博し、弾けるポップスからロマンティックなバラードまで歌いこなす。80年代女性エンタテイナー歌手として、印象深い成果を残した。また、映画やミュージカル女優としても活躍。グラミー賞とともにエミー賞やトニー賞の受賞経験もある。


2005年には米国の同性愛者やその家族や友達を支援する団体PFLAGの「Stay Close Campaign」に姉妹で初参加。その後も現在に至るまで女性、LGBTQコミュニティ、およびHIV /エイズとともに生きる人々に対して支援活動を続けており、自身が設立した慈善団体(トゥルー・カラーズ・ユナイテッド)では、ホームレスになってしまうLGBTQの若者をなくすべく活動を行なっている。

2011年、キャリア初となるブルース・アルバム『メンフィス・ブルース』を発表。グラミー賞にノミネートされた。
また大の親日家としても知られており、2011年の東日本大震災の際には多くの来日公演が中止となる中、日本ツアーを敢行。日本のファンを勇気づけてくれた。さらに翌2012年、2015年にもツアーを行い、2013年には夏フェス(サマソニ)に参加した。
2016年、オリジナル・アルバムとしては5年振り、初のカントリー・アルバム『ディトゥアー 〜回り道〜』をリリース。

2019年10月、4年振りとなる来日公演が決定!80年代から活躍を続け、音楽界で最も愛されるアイコンのひとり、シンディのデビュー35周年を祝うアニバーサリー・ツアーをお見逃しなく!


チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/10/8(火) ~ 2019/10/23(水)

    会場

    仙台サンプラザホール (宮城県)
    オーチャードホール (東京都)
    名古屋市公会堂 (愛知県)
    グランキューブ大阪 メインホール (大阪府)
    広島上野学園ホール (広島県)

アーティスト情報