~崩壊シリーズ~「派」 のチケット情報


構成作家のオークラが作・演出を務める、観客を崩壊の渦に巻き込んだドタバタ喜劇の第3弾が上演!

  • ~崩壊シリーズ~「派」

公演について

崩壊シリーズは、2016年4月~5月に第1弾「九条丸家の殺人事件」が上演。のちにシリーズ化し、2017年4月~5月に第2弾「リメンバーミー」を上演した。毎公演で激しくステージセットが崩壊していく奇想天外な舞台に、口コミで話題が話題を呼ぶ。観客を衝撃・崩壊の渦(!?)に巻き込んだ。

2019年10月~11月、待望の第3弾「派」が上演決定!

再び観客は、リアルタイムで巻き起こる"崩壊"の悲劇(喜劇?)を目撃する…!?


《あらすじ》

人は派を作り、その派は崩壊し、また新たな派をつくる…

結成5年を迎えた劇団「荻窪遊々演劇社」は、劇団員も減り、客席も閑古鳥が鳴くようになっていて、完全に行き詰まっていた。「もうこれ以上続けても無理なのか・・・?」 と誰もが解散の危機を感じていたその時、座長が1つ提案をする。自分たちの作風が今の時代とマッチしていないのかもしれない。そこで、今、小劇場界で注目されている、若き新進気鋭作家を劇団に迎え、新生「荻窪遊々演劇社」として再起を図る。

選んだ題材は「法廷モノ」…これが失敗に終わった場合、この「荻窪遊々演劇社」は解散する!と決意表明。


ところが、新進気鋭作家率いる新メンバーの「クール派」と、座長を筆頭とする「お涙頂戴派」で意見が割れ、その溝は深まるばかり・・・ 劇団が2つの派閥に対立したまま、本番を迎える。


芝居であるはずの「有罪・無罪の派閥」と、劇団員同士のリアルな派閥争いが重なり始め、芝居を壊そうとする者、自分だけ目立とうとする者、その足を引っ張ろうと邪魔をする者、暴れ出す者、解散を食い止めようと必死に芝居を続けようとする者・・・


各々が台本とは全く違う行動を起こし始め、 舞台はどんどん崩壊していく・・・

果たして「荻窪遊々演劇社」は、解散することになるのか-!?

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/10/18(金) ~ 2019/11/24(日)

    会場

    電力ホール (宮城県)
    俳優座劇場 (東京都)
    富山県教育文化会館 (富山県)
    北國新聞赤羽ホール (石川県)
    日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール (愛知県)
    松下IMPホール (大阪府)
    イムズホール (福岡県)

アーティスト情報