STING のチケット情報


スティングが、キャリアの集大成となる史上最高のベスト・ヒッツ・ツアー日本公演を開催!

  • STING
  • STING

公演について

1951年10月2日、イギリスのニュー・キャッスルで誕生、本名はゴードン・マシュー・サムナー。大学を中退した頃3つのバンドに参加し活動していた彼は、黒と黄色の縞模様のシャツをステージで着ていたことから「スティング(蜂の針)」と呼ばれるようになる。


`77年に、ポリスを結成、`78年にA&Mより『アウトランドス・ダムール』でデビュー、`79年『白いレガッタ』、`80年『ゼニヤッタ・モンダッタ』、`83年『シンクロニシティ』で全英1位を記録した後、`83年活動休止を宣言する。`84年にはエチオピア難民救済のチャリティ・プロジェクト『バンド・エイド』に参加。翌`85年、スティングとしてのソロ・プロジェクトをスタート、6月にデビュー・アルバム『ブルー・タートルの夢』(英3位、米2位)をリリース。 `87年に『ナッシング・ライク・ザ・サン』(英1位、米9位)、翌年にはスペイン/ポルトガル語のミニ・アルバム『ナーダ・コモ・エル・ソル』をリリース。`91年に『ソウル・ケージ』(英1位 、米2位)をリリース後、ベスト・アルバムを挟んで、3枚のアルバムを発表。`99年に発表した『ブラン・ニュー・デイ』は、第42回グラミー賞を2部門で受賞。`03年9月に発表された通算8作目『セイクレッド・ラヴ』を中心としたツアーで`05年1月、8度目のソロとしての来日を果たす。同時期に自らの半生記『ブロークン・ミュージック』の日本語版を上梓した。


スティングはその音楽活動だけではなく、熱帯雨林基金や国際人権救援機構、ライヴエイド等、スティングの人権問題に対するサポートは、彼の芸術活動同様、国際的な視野で展開されている。妻トゥルーディ・スタイラーと共に世界の熱帯雨林とそこに住む先住民を保護するため、1989年に熱帯雨林基金を設立した。彼らはともに、地球上で絶滅にさらされている資源を守るための資金集めや意識の向上を目的とした慈善コンサートをこれまでに18回行った。設立以来、熱帯雨林基金は3大陸20ヶ国以上の団体がつながるネットワークで世界中に広まっている。


`08年、9度目の来日公演はスティングとリュート奏者エディン・カラマーゾフだけの舞台でアルバム『ラビリンス』を再現し、今までのスティングとはまったく異なる魅力に溢れたステージを観せてくれた。一方で23年振りのポリス再結成ツアーを`07~`08年に行い、世界中で一大センセーションを巻き起こした。`10年アルバム『シンフォニシティ』を発表。ロイヤル・フィルハーモニック・コンサート・オーケストラに自身の4人編成のバンドを加え、ワールド・ツアーでは壮大なスケールのシンフォニックでドラマチックな演奏で再現し大絶賛を受け、`11年1月に10度目の来日公演が行われた。


`16年11月、13年ぶりのロック・アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』をリリース。本人の「みんなを驚かせたい。私のポリス時代からの古いDNAを、新しい感覚で見ることができると思う。」という言葉通り、様々な思いをダイレクトなロックンロールで伝える傑作で大ヒットを記録。武道館3公演を含む全公演がソールドアウトした来日公演でも、そのエネルギッシュなパフォーマンスとそれに呼応するかの如く歓喜するオーディエンスの姿が印象的だった。


`18年レゲエ・スター:シャギーとジャマイカの影響を色濃く受けたコラボ・アルバム『44/876』をリリース。このアルバムはドイツで1位、英国でトップテン入り、米国ではビルボード:レゲエ・アルバム・チャートで20週に渡り1位となり、ポーランド、フランスではゴールドディスクを獲得、第61回グラミー賞「最優秀レゲエ・アルバム」を受賞した。


`19年、その比類なきキャリアの中で生み出され、世界中の人々に愛されてきたポリスとスティングの名曲の数々を、現在の視点でアップデートした『マイ・ソングス』をリリース。この話題のアルバムを携えて、欧州からワールド・ツアーをスタート。バック・バンドと共にプレイするダイナミックなステージは、まさにヒット曲の連続!嵐のような感動を巻き起こしている。そして10月に待望の来日公演が決定した!『マイ・ソングス』に収録されたこのヒット曲の数々を、バンド・サウンドで盛り上がることができるこのチャンス、絶対に見逃せない!

公演スケジュール

10/7(月) 福岡国際センター

10/9(水)・10(木) 幕張メッセ

10/12(土) ゼビオアリーナ仙台

10/15(火) 丸善インテックアリーナ大阪

チケット情報

公演エリア

アーティスト情報

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/10/7(月) ~ 2019/10/15(火)

    会場

    ゼビオアリーナ仙台 (宮城県)
    幕張メッセ 国際展示場 7・8ホール (千葉県)
    丸善インテックアリーナ大阪 (大阪府)
    福岡国際センター (福岡県)