NODA・MAP第23回公演 『Q』 : A Night At The Kabuki のチケット情報


松たか子、上川隆也、広瀬すず、志尊淳ら豪華キャスト出演。謎が謎を呼ぶ“4 人のロミジュリ”、NODA・MAP に降臨!!

  • NODA・MAP第23回公演 「Q : A Night At The Kabuki」

公演について

『ロミオとジュリエット』の舞台は、14 世紀のイタリア・ヴェローナ。教皇派と皇帝派に別れて対立する間柄にも関わらず、恋に落ち、密かに結婚したモンタギュー家の一人息子ロミオと、キャピュレット家の一人娘ジュリエット。動乱の時代のなか、ジュリエットはロミオと添い遂げるべく、仮死の毒で偽装自殺を図る。しかし、ジュリエットが本当に死んだと勘違いしたロミオは、彼女の墓の前で服毒し、自ら命を絶ってしまう。ほどなく仮死状態から目覚めたジュリエットは嘆き悲しみ、遂にはロミオの短剣を手に、彼の後を追ってしまうのであった。

だが…もし、悲恋のロミオとジュリエットが、本当は生きていたとしたら??

何と『Q』には“2人のロミオ”と“2人のジュリエット”が登場する。それは広く語り継がれてきたロミオとジュリエットと、“その後のロミオとジュリエット”なのだ!!さらに“ロミオ(Romeo)”にも“ジュリエット(Juliet)”にも“シェイクスピア(William Shakespeare)”にも含まれない、『Q』というワードが意味するものとは……?

――そう、『Q』は、あの世界的ロックバンド、クイーン(QUEEN)!!――

「クイーンが愛する日本で、彼らの名盤『オペラ座の夜』の世界観を舞台にできないか?」というオファーを野田が受け、構想すること 2 年……。野田秀樹は、『オペラ座の夜』に着想を得て、創作ワークショップを重ねてきた。すると、そこから生み出された世界観にクイーンのメンバーが大きな感銘を受け、自らにとっても大切な一枚である『オペラ座の夜』全楽曲の使用を快諾。NODA・MAP の『Q』 は、クイーン“公認”の新たな、しかも画期的な作品として、いままさに生まれようとしているのだ。野田秀樹 meets クイーン!! 常に新たな題材に挑み続けてきた野田が、世界的ロックバンドの珠玉の名盤に挑む。果たして、両者の出会いは、どのような化学反応を起こすのか!?

令和元年 10 月。謎が謎を呼ぶ“4人のロミジュリ”が、クイーンが、NODA・MAP に降臨する。演劇史に新たな1ページを刻む NODA・MAP の『Q』に、是非ともご期待下さい!!

■ 野田秀樹より

『Q』とは、クイーンの Q である。あの伝説のそして最近、盛り上がったばかりの「ボヘミアン・ラプソディー」のあのクイーンだ。実は、その盛り上がりが起こる二年ほど前、「クイーンの周辺」から、こんな話が私の所に舞い込んできた。それは、ボヘミアン・ラプソディーを含むクイーンのアルバム「オペラ座の夜」の演劇性を、本当に「演劇」として広げられないものか、それをクイーンが好きな日本の劇作家、演出家ヒデキに、お願いできないか、というものであった。「棚からぼたもち」「カホウは寝て待て」「四十年地道に芝居やれ、いいことあるぞ」なのである。私は半信半疑ながら、半身半着の汗だくでワークショップを重ねて、私なりに「オペラ座の夜」から得たインスピレイションを文字に起こして「クイーンの周辺」にお届けしたところ、何と本当に「クイーン」から「OK、やってくれ」という返事が来た。というわけで『Q』は、クイーンの Q だが、話は「ボヘミアン・ラプソディー」のようなクイーンの実話では全くない。どちらかと言えば、「ロミオとジュリエット」の後日談である。そして「歌舞伎の夜」という副題も、勢いでつけただけで、芝居は全然カブキじゃない。でもカブイてはいるかな?という代物しろもの、こんな感じで始まります。

「時は、12 世紀の末、ところは日本、世は侍の時代の始まり…」そして、あのクイーンの名曲が聞こえてきます。

  • 980x400.png

    野田秀樹より

  • 980x400.png

    ブライアン・メイより

チケット情報

公演エリア

アーティスト情報

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/10/8(火) ~ 2019/12/11(水)

    会場

    東京芸術劇場 プレイハウス (東京都)
    新歌舞伎座 (大阪府)
    北九州芸術劇場 大ホール (福岡県)