クラウディオ・モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』 のチケット情報


音楽史上の至宝!グループ『葦』と国内外からヴェスプロを愛する人々が集い二年をかけて築き上げました。

  • クラウディオ・モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』
  • クラウディオ・モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』
  • クラウディオ・モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』
  • クラウディオ・モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』
  • クラウディオ・モンテヴェルディ『聖母マリアの夕べの祈り』

チケット情報

公演エリア

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/8/12(月・祝)

  • 出演者など

    [指揮]Juan Manuel Quintana [出演]野入志津子(音楽監督、アーチリュート) / 上野訓子(客演、コルネット) / 宮下宣子(友情出演、サクバット) / 廣末真也(コンサートマスター、バロック・ヴァイオリン) [演奏・合唱]グループ『葦』ヴェスプロメモリアルアンサンブル

    公演などに関する問い合わせ先

    グループ『葦』:090-8627-9920

公演について

「西洋で最も力強く壮大で崇高な音楽作品」と指揮者のクィンターナ氏が、音楽監督の野入氏は「演奏する度いつも不思議な癒しを感じる素晴らしい作品」と語るモンテヴェルディ作曲『聖母マリアの夕べの祈り』を取り上げる。バロック音楽の幕開けを飾った音楽史上記念すべき作品である。モンテヴェルディが初の宗教音楽を1610年出版した動機や初演の記録は一切が失われているが、彼の作品は時を超えて確立されておりその音楽は永遠への願いが込められた祈りである。本公演は熊本で結成42年古楽の演奏活動を続けてきたグループ『葦』を中心に国内外からヴェスプロを愛する人々が集い二年の歳月をかけて築き上げてきたローカルの力の発揮、これが私たちの文化ですと言える活動である。自然災害(地震)で傷ついた方々の心を音楽の持つ力で少しでも癒すことが叶い、根底に脈々とある熊本の豊かな文化に支えられた命、底力の確かな発露となればと心より願う。

アーティスト情報