「人形の家 PART2」 のチケット情報

PARCOプロデュース2019


永作博美 主演! ヘンリク・イプセン「人形の家」の15年後を描いた意欲作が、栗山民也の演出により日本初演。

  • 「人形の家 Part2」

チケット情報

公演エリア

公演について

▼SPOT動画はこちら(ぴあチャンネルに接続)

あれから15年…ノラが帰ってきた!!
ヘンリク・イプセン「人形の家」の“その後”を描いた、新進気鋭の劇作家ルーカス・ナスの斬新な新作を栗山民也演出で日本初上演!
ノルウエーの世界的作家ヘンリク・イプセンの「人形の家」は、発表当時、”女性の自立”を描いた結末で社会に因習を打ち破る衝撃を与え、以降140年間に渡り世界中で上演され続けてきた近代古典の名作ですが、本作はアメリカの新進気鋭の劇作家ルーカス・ナスが、大胆にもその続編という形で現代に提示した意欲的な新作です。
本作は、「人形の家」のノラが家を飛び出した15年後という設定で描かれ、混沌とした現代社会の中での女性の生き方、現代の家族のあり方を鋭くつきつけました。しかも物語は、5場構成で、各場「ノラと乳母のアンネ・マリー」「ノラと夫のトラヴァル」…というように2人芝居が連続した形で進行する斬新でスリリングな構成となっています。

■あらすじ
舞台は15年前にノラ(永作博美)が家族を残して飛び出した家。15年ぶりに同じ家に帰ってきたノラは、乳母のアンネ・マリー(梅沢昌代)と再会する。夫のトルヴァル(山崎一)は仕事で留守中である。
アンネ・マリーは、死んだと思っていたノラの帰還を喜び、夫トルヴァルとの和解を勧めるが、ノラは断る。
ノラが帰ってきた理由は別にあったのだ。
そこに、夫トルヴァルが仕事から帰宅し、ノラと予期せぬ再会をする─。

アーティスト情報

チケット発売情報

  • 公演期間

    2019/9/11(水)

    会場

    富山県民会館 ホール (富山県)

  • 出演者など

    [作]ルーカス・ナス [翻訳]常田景子 [演出]栗山民也 [出演]永作博美 / 山崎一 / 那須凜 / 梅沢昌代

    注意事項

    U-25券あり。但し、ぴあでの取扱いなし。詳細は問合せ先まで。未就学児童は入場不可。

  • 公演などに関する問い合わせ先

    北日本新聞社企画事業部:076-445-3367