チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

チケットぴあインタビュー

城之内ミサ

城之内ミサ
「3年B組金八先生」など、ドラマや映画のサウンドトラック4000曲以上の作曲・編曲を手がけ、シンガーソングライターとして歌い、時として自らオーケストラを指揮し、ピアノを弾く城之内ミサ。昨今は、女性としては世界初、日本人としては小澤征爾氏に続いて二人目として、フランス国立パリ・オペラ座管弦楽団の指揮をし、また昨年はニューヨーク・カーネギーホールで大絶賛を浴びた。いまやアジアを代表する音楽家と言ってもさしつかえない彼女が、2010年の平城遷都1300年に向けて「世界遺産トーチランコンサート」をするという。

──まずは、「世界遺産トーチランコンサート」について教えてください。

「私は、1997年から平城遷都1300年記念事業協会評議員をしていて、『大和路シンフォニー』という交響曲を作らせていただいたりしていたのですが、その頃から2010年の平城遷都1300年の年に何かをしたい、と思い続けてきました。「世界遺産トーチランコンサート」というのは、音楽の聖火リレーです。2010年まで、日本や世界の国々で40-50公演を予定していますが、そういった全ての経験を、音楽としてつむぎ合わせたいと考えています。」

──「世界トーチランコンサート」は、いつから始動しているのでしょうか。

「今年4月に、チュニジアで第1回を実施いたしました。その次が、今夏の日本公演です。関西では、7月に兵庫、8月に大阪に来る予定です。特に兵庫県芸術文化センターは初めてなので楽しみですね。」

──城之内さんといえば、作曲家、演奏家、指揮者…と数え切れない側面をお持ちですが、なんとお呼びするのが一番よいのでしょうか。

「やはり“作曲家”でしょうか。作曲をメインにして、枝葉のように、ピアノを弾いたり、指揮をしたりさせていただいているといった感じです。」

──「癒し系」と呼ばれることに関しては、どうお考えですか?

「私自身は、癒し系にしよう、と思って作ったことは一度もありません。とにかく、自分がやりたいようにやっているだけ。でも、それを聴いた方が“癒された”とおっしゃっていただけるなら、それは嬉しいです。」

──ご自身の音楽活動を通して、最近感銘を受けられたエピソードなどがあれば教えてください。

「旧ユーゴのマケドニアに日本が新しい楽器を寄贈したこともあり、“日本人の作った曲を演奏しよう”という声がマケドニアで挙がりました。そしてなんと、私の「空華」という曲を選んでくださったんです。それもとても嬉しくて、実際のコンサートも大盛況でした。その模様は、マケドニアの国営放送で生中継されていたのですが、その後帰国時に、空港の税関で、放送を見てくださっていた方が泣きながらこう言ってくださいました。“内紛で、多くの兵士や友人を亡くしたが、それに対するレクイエムのようだった”と。」

──城之内さんは「いま音楽にできることは、祈ることだけ」とおっしゃっていますが、これはどういう意味でしょうか。

「マケドニアも含め、ルーマニア、ベネズエラ…いろんな土地へ行きますが、そこで目の当たりにするのは、戦争や貧富の差といった問題です。目の前に飢えている人たちのため、自分には何ができるのか?音楽でお腹はいっぱいになりません。だけど、それでもまた別の部分で確実に手ごたえもあって…でも、それが何なのか、答えはまだ出ていません。けれど、何かのきっかけで地域の誰かの心に残ることができるかもしれない。音楽の力を信じていくしかありません。それが“祈り”という意味です。」

──最後に、このコンサートの見所を教えてください。

「今回は、CDなどに収録されている人気の曲目を、奏者を一部変えてお届けします。楽曲と音色のアンサンブルを楽しみにしてくださいね。」


<<プロフィール>>
東邦音楽短期大学音楽学部作曲楽理科に在学中よりテレビドラマ、映画音楽の作・編曲など、プロとしての活動を始める。 「3年B組金八先生」など、数々のドラマ、映画、映像の音楽や主題歌を手掛ける。 CMでは「日本香堂(出演・音楽)」、「雪印」、「キューピー」、「旭化成(全日本CM大賞受賞・出演と音楽)」などの音楽も手掛ける。 ラジオのパーソナリティとして東京FM「ハートオブサンデー」、福留功男氏と共にBAY-FM「パワーフライデー」のパーソナリティをつとめた。 また、テレビドラマにも役者として出演、報道番組のゲストコメンテーターとしても活躍する一方、エッセイも多数執筆。 また、アーティストのプロデュース、編曲、楽曲提供も手掛ける。 (谷村新司氏、林明日香氏、森山直太郎氏、シャオロン氏等。) 国内のみならず、世界各地にてコンサートを開催し、アジアを代表する音楽家として活躍中。 1995年には国立パリ・オペラ座管弦楽団による演奏で、自作のシンフォニー「皇帝の帽子」を自ら指揮。同楽団の指揮をしたのは、日本人では小澤征爾氏に続いて二人目。女性では世界初。 また、2005年、ニューヨーク・カーネギーホールにてニューヨークポップスとの競演を果たし、大成功を収めるなど、近年ますますその名声は高まっている。 現在、平城遷都1300年記念事業協会評議員、東邦音楽短期大学音楽学部特任講師。

城之内ミサ

城之内ミサ画像

城之内ミサ

城之内ミサ画像

プロフィール