チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

チケットぴあインタビュー

神田沙也加

神田沙也加

――歌手デビュー10周年記念でリリースされた2ndアルバム『LIBERTY』は、非常に内容の濃いアルバムになりましたね。


「信用しているクリエイターさんや音楽監督のおかげで、バランスのよいアルバムになったと思います。新しく録音した曲を聴いてきた最後にデビュー曲が当時のままで流れて、私としては、スタートラインをここでもう一回引きなおすような意味合いになっています」


――今「ever since」を聴くのは、この10年を振り返るきっかけにもなったのでは?


「いろいろなことがあった10年でした。過ぎてしまえば『早かったですね』とは言えても、ひとつひとつを振り返ったらどれも体当たりだったし、どれかひとつかけても今はないし。すごく濃密な10年ですよね」


――関わっていらした作品が全部話題作でしたから。


「本当に作品には恵まれてきたなと思います。そこに関わる人々との素晴らしい出会いもありました。この作品も、大好きだったCORE OF SOULの元メンバーだったソン=ルイさんに楽曲提供していただいたり、ミュージカルの活動で出会った坂元健児さんや浦井健治くんが参加してくれていますが、音楽監督も含め『いつかアルバムを出すときにはよろしくね』って言ってた人ばかりなんです。叶ってよかったと思います」


――濃密な10年の中で、ここが自分の中のポイントだったな、っていうのは?


「そうですね……。途中でちょっとお仕事を休止させてもらったんですけど、そこで一つの区切りをつけた感じはありますね。“あなたは一番何をやりたいの? 誰も咎めないから、何やりたいか言ってごらん?”って、自分とすごく対話して。そこで導き出した“ミュージカルをしたい!”っていう思いを実現できているのが、今はすごく幸せ。ミュージカルが本当に大好き。それが私の原動力。“ミュージカル女優志望”という気持ちでずっとやっていこうと思っているんです。息の長い活動のできるジャンルですし、今出来ないことが30代40代になったら出来るということもある。女優をやっている限り年齢を重ねていくのは怖くない、むしろどんな自分に出会うだろう? どんなことが出来るだろう? ってどんどん楽しみになりますよね」


――そんな大好きなミュージカルから派生したオリジナルブランドも手掛けていますね。


「アマリアローズというブランドです。『シー・ラヴズ・ミー』というミュージカルで私が演じたアマリアという女の子がモデルで、彼女のクローゼットの中はどんな感じなんだろうって、物語をワクワク考えるような延長線上で服作りをしています。お洋服って、奥が深いし楽しいなと思いますね」


――そして、デビュー10周年を記念して1stライブが行われることになりました。


「はい! …実は私、生きている間にライブをやると思ってなかったんです。やってくださいねとはずっと言われていて、やれたらいいですねって答えるものの、1年に何枚もコンスタントにリリースするような歌手活動じゃなかったので全然現実感がなくて」


――初めてのライブだけれど、お母様である松田聖子さんが演出と構成を手掛けるというのは実に心強いじゃないですか。


「そうなんです! やっぱりね、物凄い数のツアー数をやってきている人だしそこは素直に意見を仰がない手はないでしょう(笑)。とにかく、ただ歌を披露します、っていうのではなくて、来場していただいた皆さんを飽きさせないものにしないと。すごくシンプルなことだけど、行って良かった、楽しかったって思ってもらえるものにしようね、って。関わるスタッフ全員で、そこは肝に銘じています。スタッフも私が小さい頃から良く知っている方ばかりなので、一丸となれるっていうのがわかっているので。そこは安心して、自分でも楽しみながら準備を進めていきたいですね」



Text●宮本ゆみ子 Photo●源賀津己