チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

チケットぴあインタビュー

RAT

RAT
ニューアルバム『Slipout』をひっさげ、レコ発ツアー「Slipout tour」を開催。
メンバーの浜田健嗣(vo&g)、神谷“God”寿幸(b)、西川直樹(ds)に話を聞いた。

――今まで自主ではアルバムをリリースしてらっしゃいましたけど、レーベルがGROWING UP Inc./Graveyard Labelになったことで、改めて1stアルバムと掲げたのでしょうか?


浜田(vo&g)「そうっすね。心機一転みたいな気持ちもあります」


――レーベルが決まった経緯というのは?


浜田「スーパー偶然ですね。知り合いの飲み屋でRATをかけてたら、社長が飲みに来て、これ誰だ、明日会わせろって言われたらしくて、知り合いから電話がきて。で、わけのわからない状態で事務所行ったら、えらいごっつい指輪つけた社長がいて(笑)、うわぁ、よく来たね、うちでやろうよって、さんざん話した後に、ところで名前なんだっけって言われたっていう(笑)。そっから全てがはじまりましたね」


――事前にアルバムの構想はあったんですか?


浜田「結局ライヴ見に行って、これ堪らんなって思う時って、ストレートな言葉が入ってくる時だなって思って、もっとそういう曲ばっか書いてみようと思ってましたね」


――曲作りはどのように行っていくんですか?


浜田「だいたいセッションですね。部分部分で僕が持ってくるところはあるんですけど」
西川(ds)「まぐれでできたりもするもんね」
浜田「でもベースはほぼオウム返しですね(笑)」
神谷(b)「そうですね(苦笑)。器は広く」
浜田「ミスター・イエスマンだもんね(笑)。でも、今は、あんま自分に迷いがないから、何も言わせないっていうのもありますね」
西川「よく言えば信頼しきってるんで、俺らはそこにひそかにやりたいことを織り交ぜてますから(笑)」


――そんな中で、今回のレコーディングは順調でした?


西川「初めてのことが多かったんですね。いつもは三人でバーンって音出して、終わった!みたいな感じだったんですけど、期間も長くて、作り込んだんで」
浜田「いつも、3日で8曲とか録ってたんで(笑)」
西川「目から鱗でした。でも、多分これが普通のレコーディングなんだろうなって(笑)」
浜田「ギター上手くなったと思いましたもん。全然上手くなってないのに(笑)」
神谷「いい音だったから(笑)」


――意見も結構言われたんですか?


浜田「そうですね。今までそこまで言う人がいなかったんですけど、健嗣、基本的にギター弾けてないって。えぇー、じゃあ今僕が持ってるのは何!?って(苦笑)。それで、レコーディングの日は朝6時から起きて、予習と復習して、絶対やったるわって思いましたね」


――でも、そうやって作り込むことは、ストレートな楽曲の方向性ともマッチしましたね。


浜田「そうですね。綺麗に録ることで、より、歌が前にきたので」


――ミドルテンポの楽曲も多いですしね。


浜田「あぁ、俺、基本速いの嫌いなんですよ」


――え!? 意外ですね。


浜田「いや、好きなんですけど、忙しいな、疲れるなって(笑)。でも、バランスは考えました。ライヴで、お前ら見た目それでずっとバラードかよ!って思われるだろうし(笑)。基本はフォークとかが好きなんですよ」


――でも、そういう楽曲でも熱いっていう。


浜田「でも、何でみんな熱いって言うんでしょうね」


――あれ、ご自分では不思議ですか?


浜田「めちゃめちゃ不思議ですね。普通に喋ってるのに、健嗣熱いねって言われますし」


――生きることをテーマに書かれてるような歌詞にも一因がある気がしたんですけど、何かキッカケがあったんですか?


浜田「あぁー、ありましたね。友達が死んで。自殺だったんですけど。俺は悲しいより腹が立ったんですよね。大きなキッカケでしたね。何で死んだんだろうって考えるじゃないですか。それは反映されたと思います。自分が思っとるほど、世の中ってつまらんくないんだなって、これを聴いた一人でも思ってくれればいいなって」


――実は優しいんですよね。迫力の中の優しさを感じると、RATの魅力が見えてくるというか。


浜田「あぁー、俺の言いたいことを全部言ってくれた(笑)」


――ありがとうございます(笑)。素直に書けたと思います?


浜田「はい。でも、まだまだ言いたいことはあるし、これからも増えていくんだろうなって。まずは、その前にライヴで届けたいですけどね」
西川「ロックバンドは音の迫力で聴かせるってなりがちだけど、うちらは歌詞が聴こえるように、リハで一番チェックしてるので、しっかり聴いて欲しいですね」
浜田「何歌ってるかわかんないバンドを見るほど、苦痛なことはありませんね。え、日本語だったの!?みたいな。伝えたいことを書いているので、それがライヴで伝わらなかったら、家でCD聴いていた方がマシですからね」
西川「曲作りの時も、歌詞を聴かせたいから演奏を抑えたりしていることを、今、思い出しました(笑)」
浜田「たまに伝えた過ぎて過剰になることがあるので、僕が。そこは二人がバランスとってくれて、大丈夫大丈夫、健嗣できる子だよ!って。うん、じゃあ、やる!って(笑)」


――長いツアーもありますけど、今まで行ったことない場所もありますか?


浜田「バリバリありますね。仙台、宇都宮、豊橋、福島……めちゃめちゃ楽しみです!」



取材・文:高橋美穂

【INFORMATION】
RAT New Album『Slipout』 now on sale!!!

公式サイト
http://rat-web.jp/