チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

チケットぴあインタビュー

SE7EN

SE7EN

(2011/12/28)
人懐っこい笑顔と親しみやすさに、成熟したオトナの色気をプラスして、韓国R&B界の貴公子・SE7ENが日本に帰ってきた。
 2003年、19歳という若さながら、アルバム『JUST LISTEN』で彗星のごとく韓国でデビューしたSE7ENは、優れた歌唱力はもちろん、ルックスと魅力あるステージング、そしてダイナミックなダンスで人気を集め、同年の「ソウル歌謡大賞」をはじめとする主要な音楽賞レースで新人賞を総なめにした実力派R&Bシンガー。その人気は日本にも及び、満を持して2005年にシングル『光』で日本デビューした。現在のK-POPブーム以前に、ソロで日本の音楽シーンに挑み、3rdシングル『スタートライン/Forever』ではオリコンウィークリーランキングで4位を記録。また、2007年のジャパン・ツアーでは約4万人を動員した。しかし、このツアーを最後に、アメリカに進出するため、日本での活動を中止。約4年の間、日本のファンはSE7ENの“帰り”を待っていた。そんなSE7ENが、今年7月に行われた、所属事務所のYGエンタテインメントとエイベックスによる新レーベル『YGEX(ワイジーエックス)』発足記者会見で久々に来日し、「これからボクも日本での活動を再開します」と宣言。この言葉通り、11月には東京・赤坂BLITZで単独公演を開催し、待っていたファンとの再会を果たした。2012年1月18日(水)には、YGEXレーベルからの第1弾作品として、ミニ・アルバム『SOMEBODY ELSE』をリリースする。また、5年ぶりに日本で開催される、YGアーティストが一堂に会する音楽の祭典「YG Family Concert in Japan」へも出演する。本格的に日本での活動を再開したSE7ENに話を聞いた。

――約4年ぶりとなる日本活動がスタートしました。@韓流ぴあでもレポートをさせていただきましたが、まず、11月6日に赤坂BLITZでライブを行いましたよね。

久しぶりの日本でのライブだったから、すごく楽しかったです。みなさんが僕のことを4年も待っていてくださったので、ありがたくて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。



――オープニング曲が、2005年の日本デビュー曲『光』。そしてラストがSE7ENさんの代表曲『PASSION』という、“ズルイ!”って言ってしまいそうな選曲でした。

ズルイ? ははは(笑)。『光』は日本のデビュー曲だから、絶対に1曲目だと思ったんですよね。懐かしかったでしょ? 僕も久しぶりで懐かしかった(笑)。



――このライブで、1月18日に発売になるミニ・アルバム『SOMEBODY ELSE』に収録されている『ANGEL』を初披露。歌詞にSE7ENさんの思いが込められてるな、と思いました。

久しぶりの日本のアルバムだから、本当に待っていてくれたファンのみなさんにプレゼントをしたくて、この曲を選びました。ファンをエンジェル(天使)に例えています。歌うときも、感謝の気持ちを込めて歌ったんだけど、ちゃんと伝わりましたか? あの場で初めて歌った曲だから、みなさんにとっては知らない曲じゃないですか。だから、曲を楽しむっていうより、歌詞とメロディに集中して聴いてくださっていたみたいですね。



――ライブといえば、12月3日・4日にソウルで「15th Anniversary YG Family Concert in 2011」が開催されました。『Digital Bounce』(※)でBIGBANGのT.O.Pさんとコラボしたとき、T.O.Pさんにキスされてましたね(笑)。

うん。まぁまぁ、かな。悪くないね(笑)。
※2010年07月、韓国でリリース



――BIGBANGのV.I.さんは、SE7ENさんの韓国デビュー曲『ワジョ(Come Back to Me)』を当時の衣装そのままに、完全コピーしていましたが、いかがでしたか?

2003年の曲ですよね~。デビュー当時のいろいろな出来事を思い出しました。18歳だったから、若かったですよね。フレッシュだったなぁ……。



――今は大人になりましたね。

まだまだです(笑)。



――そして『PASSION』(※)では、韓国のHIP HOPレジェンド、ジヌションと共演されました。

昔から大好きな先輩との、久しぶりのステージでした。ジヌションは4年ぶりの復帰ステージだったんですよね。だから、一番ベテランなのに、一番緊張していて、「どうしよう、どうしよう。何話せばいいの? 緊張してしゃべれないから、お前がしゃべって!」って(笑)。
※2004年7月、韓国でリリース。SE7ENのヒット曲



――「YGファミリーコンサート」の魅力といえば、このようなコラボレーションですよね。

“YGファミリー”って、本当に仲が良いんですよ。こんなカッコ良くて、良い音楽をやっている人たちが、一緒にパフォーマンスができるってスゴイことですよね。仲間が一堂に会してライブをするって、力になるし頼もしい。たくさんの歌手が一緒にコラボして、いろんなことをやって、こんなに面白いことはないですよ。出演している僕たちも、良い時間を過ごせるし、観ている方にも楽しんでもらえる自信があります!



――2012年の1月には、大阪と埼玉で、「YG Family Concert in Japan」が開催されますが、何か特別なことは用意されているのでしょうか?

ふふふ、秘密です(笑)。チケット買って見に来て~! 観ればわかります。自信がありますから。



――出演者として「YGファミリーコンサート」の魅力は?

やっぱり、いろいろなことが見せらるところですね。コラボレーション・ステージとか、今までやったことがないことができる。そこが魅力じゃないかな。



――SE7ENさんにとって、“YGファミリー”とはどんな存在ですか。

本当の家族みたいですね。みんな、本当に仲が良いし。音楽ひとつで集まったファミリー。音楽だけで"ファミリー"になれるってスゴイことだよね。



――YGエンタテインメントは、今年15周年を迎えましたが、ヤン・ヒョンソク社長は何か言っていましたか?

特別何か話すってことはなかったですが、社長はいつも見守ってくれてる感じです。「みんながここまで育ってくれて嬉しい」って、態度で見てくれますね。



――1月18日には、ミニ・アルバム『SOMEBODY ELSE』をリリースされ、4年ぶりの日本活動が再開されます。ファンのみなさんへのメッセージをお願いします。

今まで、長い時間待っててくれた日本のみなさん、本当にありがとうございます。『SOMEBODY ELSE』は久しぶりのアルバムなので、すごく力を込めて作りました。いっぱい聴いてほしいですね。じっくり歌詞を見て、曲それぞれの意味を理解しながら、"僕の音"を聴いてほしいと思います。これからは、会えなかった分を取り戻していくためにも、みなさんと会えるようにしたいです!



取材・文:坂本ゆかり

SE7ENのミニ・アルバム『SOMEBODY ELSE』は、2012年1月18日(水)は発売中!
なお、SE7ENのインタビューは、雑誌『韓流ぴあ 2/29号』(2012年1月21日発売)にも掲載。アルバムの話などSE7EN節全開のたっぷり4ページ(予定)+写真も満載!! お楽しみに♪


★SE7EN公式サイトはコチラ

★SE7EN公式ブログはコチラ

★SE7ENのアーティストページ・お気に入り登録はコチラ

【YG FAMILY CONCERT in JAPAN】
2012年1月7日(土)・8日(日) 京セラドーム大阪
2012年1月21日(土)・22(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
⇒ チケット発売中!


■ SE7EN ミニ・アルバム『SOMEBODY ELSE』 2012年1月18日(水)
SE7EN 『SOMEBODY ELSE』 □CD+DVD 『SOMEBODY ELSE』MUSIC CLIP収録 AVCY-58014/B ¥2,940(税込)
【CD収録内容】
SOMEBODY ELSE ※フジテレビ系「志村軒」1月度エンディングテーマ / ANGEL / 3. UNDERSTAND ~今さら~ / BETTER TOGETHER ※日本語ver. / I'M GOING CRAZY ※日本語ver.

【DVD収録内容】
『SOMEBODY ELSE』MUSIC CLIP / 『SOMEBODY ELSE』MUSIC CLIP MAKING
SE7EN 『SOMEBODY ELSE』 □CD+DVD Hello SE7EN in Japan HIGHLIGHT収録 AVCY-58015/B ¥2,940(税込)
【CD収録内容】
SOMEBODY ELSE ※フジテレビ系「志村軒」1月度エンディングテーマ / ANGEL / UNDERSTAND ~今さら~ / BETTER TOGETHER ※日本語ver. / I'M GOING CRAZY ※日本語ver.

【DVD収録内容】
Hello SE7EN in Japan HIGHLIGHT ※約20分収録
SE7EN 『SOMEBODY ELSE』 □CD 豪華24Pブックレット封入 AVCY-58016 ¥2,100(税込)
【CD収録内容】
SOMEBODY ELSE ※フジテレビ系「志村軒」1月度エンディングテーマ / ANGEL / UNDERSTAND ~今さら~ / BETTER TOGETHER ※日本語ver. / I'M GOING CRAZY ※日本語ver.