チケットのことならチケットぴあチケットぴあ

こんにちは、ゲストさん。会員登録はこちら

チケットぴあインタビュー

藤田俊哉(ジェフユナイテッド千葉)

藤田俊哉(ジェフユナイテッド千葉)

今季からジェフユナイテッド千葉でプレーすることを決めた藤田俊哉。昨年まで所属したロアッソ熊本での2年間を振り返ってもらいながら、今年に賭ける思いを聞いた。
──まずは熊本についてお聞きします。2年間はいかがでしたか?

未開の地に行くような気持ちだったので、最初はちょっと怖かったですね。環境も整っていないJ2のクラブですし、興味半分、怖さ半分でした。でも、僕が加入することで、チームが少しでも大きくなれば嬉しいと思ってましたね。


──藤田選手が在籍した2年間で具体的にクラブに変化はありましたか?

環境やハードは個人が言ってもすぐには変わらないので。でも、何とかしようというクラブの姿勢は感じましたね。実際、移籍した当時は自分で練習着を管理しなければならなかったのに、クラブが洗ってくれるようになりました。選手に対する気遣いは良くなったと思いますね。


──選手の意識はいかがでしょう?

要求するということは、その分自分たちもやらなきゃいけない。プロになるぐらいだから、みんな良いモノを持ってますし、「自信を持って、一緒に上を目指して行こう」そんな風に引っ張るのが自分の役目だと思ってましたね。


──熊本でやり残したことはありませんか?

もちろん、やり残したことはたくさんありますよ(笑)。ただ、自分の限られたサッカー人生を考えると決断するタイミングだったと思ってます。


──今年からジェフユナイテッド千葉でプレーします。移籍を決めた理由は何だったのですか?

ジェフの新監督(ドワイト・ローデヴェーヘス)が名古屋(グランパス)のコーチだった人で、僕に「来て欲しい」と言ってくれて。その前に熊本から延長を打診されましたが、きちんと断りを入れてから新しいクラブを探すのが筋だと思いました。


──監督の印象はいかがですか?

名古屋時代と全く変わりません。典型的なオランダのスタイルを貫く一方で柔軟性もある。監督がどうやってチームをまとめあげていくのか楽しみですね。


──チームの印象はいかがですか?

以前はJ1だったから環境は最高です。あれだけの環境だから、正しい方向に進めば絶対強くなるはず。もちろん環境が全てとは言いませんが、環境が人を育てるとは思いますから。


──戦力はいかがですか?

去年より人数は減りましたが、新加入のFWオーロイなんておもしろいですね。背が高いし(204cm)、足元も意外と上手い。あとはやってみないと分からないというのが正直なところです。


──若い選手もたくさんいます。

ポテンシャルの高い選手が多いので、彼らがどれぐらい成長するのか楽しみ。必要なら彼らに色々なことを伝えてあげたいですね。その中から彼らが必要だと思うことだけ取り入れてくれればいいし、そういう存在でありたいですから。


──監督は4-2-3-1で新シーズンに臨むと明言してます。

システムのことは監督が決めればいいことで、僕らが気にすることではありません。それよりも、(スタメンの)11人に自分が入っているかどうかのほうが気になりますよ(笑)。


──キャンプでチームの形は見えてきたのでしょうか?

監督からもある程度こういう風にやりたいと言われてますが、正直まだ形になってませんね。監督が新しくなり、システムも戦術も全てが変わった。みんなもまだ構えてるし、すぐには浸透しません。


──千葉は昨年4位で昇格を逃しました。今年こそという気持ちが強いと思います。

移籍の時に社長やGMと話し、社長は「次も昇格できなければ俺は辞める」と言い、冗談で「おまえもな」と言われました(笑)。だから今年は、J2を優勝して昇格するんだと強い気持ちでいます。もちろん簡単ではないことも分かってますが、内容はどうであれ勝ってJ1に行きたいです。


──ではJ1に昇格するために、今のチームに足りないところは?

みんなチームの居心地が良いんでしょうね。もうちょっと野心を持って、それを外に出せる選手がいても良いと思いますね。能力が高い選手が多いことは、移籍してまだ少しだけど分かったので、そういう選手に刺激を与えられるような存在でありたい。刺激にもならなかったら僕が居る必要なんてないですから(笑)。


──藤田選手自身は、どのようにチームに貢献したいと考えてますか?

当然全試合に出場すること。とにかく1分でも多く試合に出て、1点でも多く点を取って勝つ。そしてJ1に昇格する。僕はJ1とJ2の違いをよく分かっているつもりです。ジェフはJ1に昇格しなくちゃいけないチームだと思ってます。


──10月4日には40歳という大台を迎えます。ここまで現役を続けることを想像していましたか?

全く想像してませんでした。でも、サッカー選手じゃなくなることも想像できないから、自分としては不思議なことではありません。


──ここまで続けられた要因は何でしょう?

やっぱりサッカーが好きだってことかな。それ以外に特別に何かっていうのはないですね。


──ここまで大きな怪我もありませんね。

怪我は自分がしたくなくてもしてしまうもの。一応、やれることは全てやってますし、怪我で休みたくないという気持ちも強いですね。あと、昔は多少の怪我ならプレーしたけど、年齢とともに越えられる山とそうでない山が出てきて、「あ、これは少し手前で止めたほうがいいな」と思ったら、止める勇気を持てるようになりました。でも、基本的にはプレーしたいので簡単には休まないようにしてます。


──コンディションの維持も特別なことはしていないということですか?

普段どおりが一番。食事も特別気をつけていることはないです。ビールも飲むし、好きなモノも食べる。好き嫌いもありますよ。


──最後に千葉のサポーターに向けてメッセージをお願いします。

対戦相手だったときから「いいスタジアムだし、雰囲気もいいな」と思ってました。好きなスタジアムの一つだから、このスタジアムがいつも満員で強いチームという理想を持って先に進みたい。そして、シーズンが終わったあとにみんなで「良いシーズンだった」と言うのが理想ですね。


藤田俊哉
ふじたとしや。1971年10月4日、静岡県生まれ。清水商業高、筑波大を経て、'94年にジュビロ磐田に入団。'97年、'99年、'02年のリーグ優勝や'99年のアジアクラブ選手権(現在のアジアチャンピオンズリーグ)優勝など、磐田の黄金期を支えた。'03年にはオランダのユトレヒトでもプレー。名古屋グランパス、ロアッソ熊本を経て今季からジェフユナイテッド千葉に移籍した。MFとして史上初のJ通算100得点を記録している。日本代表24試合出場3得点。

★ジェフユナイテッド千葉 2011 J2リーグ戦 チケット情報はこちら