泉谷しげる(イズミヤシゲル) のチケット情報

お気に入り登録する
泉谷しげる
泉谷 しげる(いずみや しげる、本名・泉谷 茂、1948年5月11日 - )は、日本のシンガーソングライター(主にフォークソング)、俳優、タレント。ホリプロ・ブッキング・エージェンシー所属。血液型O型。

シンガーソングライター
(省略)

生い立ち
* 青森県青森市長島出身の両親の元で生まれ、3歳から東京都目黒区東山で育つ。自宅は鴻之巣橋たもとにあった。目黒区立東山中学校卒(省略)。
* 東京都立目黒高等学校を中退後、いろいろな職についたが長続きせず。ローリングストーンズに憧れ、ロックバンドを組んでいたが、18歳の時、自宅が火事で全焼しエレキギター、アンプなど機材を全て失い、やむなくアコースティックギター1本で出来るフォークシンガーとなる。
* この頃には漫画雑誌『com』に投稿し、漫画家を目指そうとしていた(省略)。16ページの漫画作品「わるい奴ら」(いずみやしげる名義)が、東考社から刊行された短編集『ヤングパンチ・2号』および『暗黒の帝王たち』に収録されている。

1970年代
* 1971年 - ライヴアルバム『泉谷しげる登場』でエレックレコードからデビュー。
* 古井戸(加奈崎芳太郎・仲井戸麗市)、ピピ&コット(佐藤公彦・よしだよしこ)、生田敬太郎らと唄の市コンサートに参加。
* この頃、RCサクセションや古井戸と一緒にライブを行う。
* よしだたくろう退社後の看板スターとして、エレックレコードを支える。
* フォークシンガーとしてデビューする際に、CBSソニーに移籍したよしだたくろうの代わりに売り出されたため、拓郎=広島フォーク村のイメージが強く、またフォークシンガーは地方出身者の方が売れていて「東京出身では売りにくい」というエレック社の方針で、青森出身として売り出した。
* 1972年 - セカンドアルバム『春・夏・秋・冬』をリリース。加藤和彦がプロデュースを務める。タイトル曲「春夏秋冬」は泉谷の代表曲となる。なお、シングルでも発売されたが同名アルバムの音源ではなく、オムニバスライブアルバム『野音 唄の市』収録のライブバージョンでシングル化された。シングル盤ジャケットに「実況録音盤」と書かれている。また、1988年には、ロックアレンジで再シングル化されている。
* その後も、『地球はお祭りさわぎ』(1972年)、サディスティック・ミカ・バンドが参加した
「泉谷しげる」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月22日(木) 00:43UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 磔磔築102周年記念!木村充揮満載な一週間!!楽しんでや!!!

    3人ともすごく良かったです。個性が発揮され、またハーモニーの力もあり、濃密な2時間楽しませていただきました。かおりちゃんのニューアルバムサインしていただきました

    しんちゃんz
  • 泉谷しげる

    チケット紛失し、見れませんでした。非常に残念。対策を検討して欲しい。

    masa1010
  • あの素晴しい歌をもう一度コンサート2019

    素晴らしかったです。泉谷さんのギターは、ストロークだけでも十分に聴かせてもらいました。 後、及川さんの歌声は、健在です。六文銭を知っている人は、必見です。 最も印象に残ったのは、「トワエモア」ですね。 60・70年代に音楽を聴いていた人は必見です。 あの頃と変わらぬハーモニー。 やっぱ・・・・、いいなぁ~ぁ。

    おーしん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

泉谷しげる のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み