THE COLLECTORS(ザコレクターズ) のチケット情報

お気に入り登録する
THE COLLECTORS
THE COLLECTORS(ザ・コレクターズ)は、日本のロックバンド。

ブリィティッシュ・ロックに影響を受けた加藤ひさしが中心となって結成。以来、モッズのスタイルを変えずに活動をしている。ネオモッズ、ネオGS、はたまたビート系バンドの元祖などと様々な冠を付けられている。

オフィシャル・ファンクラブの名称は『コレクトロン』。

概要
1979年、加藤ひさしが高校時代の同級生と、バンド「THE BIKE(元エキセントリック・ジャム)」を結成。当時はパンキッシュな楽曲が多かった。またザ・コレクターズ結成後にも演奏する楽曲が多数あり、例として「がんばれG.I.Joe!」や「TOO MUCH ROMANTIC!」などは、この頃から存在する楽曲である。

1985年にメンバーが増え、バンド名をTHE BIKESに改め活動するも、同年に解散。翌1986年に、THE BIKESで活動していた加藤ひさしとリンゴ田巻らで、ザ・コレクターズを結成。後に古市コータロー、チョーキーとしはるが加入。ブリティッシュ・ロックを彷彿させる音楽スタイルとルックスを変えることなく活動する。1991年、メンバーチェンジを経て日本コロムビアに移籍。現在に至るまで、一度も休止せずに活動を続けている。

ザ・コレクターズの楽曲はほぼ全て、ボーカルの加藤ひさしの作詞・作曲である。
近年のアルバムには、ギターの古市コータローがメインボーカルで歌う楽曲が収録されていることが多い。そのような楽曲でも加藤が作詞・作曲をしているが、加藤曰く「コータローくんがいつも言っているようなことを歌詞の中に練り込んで」いるという。

代表曲として、「世界を止めて」「いいことあるさ」「愛ある世界」「僕はコレクター」「悪の天使と正義の悪魔」「NICK! NICK! NICK!」などが挙げられる。また「CHEWING GUM」(WRIGLEY'S CHEWING GUM)の演奏に合わせて、オーディエンスがステージにチューインガムを投げるライブ・パフォーマンスも知られている。

バンド名は、テレンス・スタンプ主演の映画『コレクター』に由来する。
名付け親は加藤で、自身で初めて名前を付けたバンドである。

メンバー
*加藤ひさし
:(かとう ひさし、本名:加藤 弥)
:(省略)生まれ
:リーダー、ボーカル担当。
:矢沢永吉の多くの楽曲の作
「ザ・コレクターズ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年11月26日(月) 00:14UTC
公式サイト
公演レビュー
  • THE COLLECTORS

     昨年4月の野音で コータローさんが背を向けたそのTシャツに武道館発表!大盛り上がりの夜だった。すぐに行くことを決めてチケット予約。あれから本当に待ち遠しかった。仕事もやめて自由気ままなはずの身に仕事が舞い込み3月1日の平日コンサートに行くことが厳しい状況になった。休みも取りにくく本当に「広瀬すず似ののおかっぱ頭の友人にお別れを言いに行かねばならなくなりと」言って休むしかなかったのだが,いい具合に運が向いてきた。休みがないというのは,上司の勘違いで,その日の大事な仕事は,職場の人に変わってもらうことが出来た。紛失したチケットは,再度購入。入院していた東京の友人は,ちょうど退院して会えるようになったし,そのメールのやりとりの横でラジオから,コレクターズの「希望の舟」がかかっていた。職場を出る時刻も1時間早めに出発できて朝は,運休になっていた新幹線も普通通りに運行をはじめていた。全てが武道館へうまい具合に私を導いてくれた。武道館にも17時半前には到着。初めての武道館に感無量。そして,開場。階段を上がり待つ。わくわく感満載。前置きが長くなった。平日ゆえに簡単に行けた訳じゃない。いろいろな問題が起こったけれど行きたいという気持ちがあれば何とか道は拓けるものだということを書き記しておきたかった。そうやってたどり着いた武道館でのコレクターズのライブ。見事だった!!素晴らしかった!!初武道館。またやって欲しいと思った。加藤さんの歌声も素晴らしかった。武道館に響き渡った。コータローさんのスーツもばっちり決まっててかっこいい演奏!ジェフさんのベース。coziさんのドラムも鳴り響いていた。彼らがいなければこの武道館公演だってどうなっていたことか。本当にバンドっていろいろあるんですね。でも加藤さんとコータローさんのぶれない二人がいれば最強で最高!音楽は,もちろんですけどはちゃめちゃに面白いトークにも魅了される。武道館には,それプラスのたくさんのコレクターズ愛があふれていた。緑のレーザーや美しくロマンティックなミラーボール武道館ならではのオシャレな演出。コレクターズ30周年にふさわしいお祭りの場にいられたことを幸せに思う。

    ゼフィルス
  • THE COLLECTORS

    その日の渋谷クアトロは、ブリティッシュロックにお似合いのベレー帽やワンピースを素敵に着こなすお洒落さんでいっぱいだった。 面白いMCとかっこいい音楽で溢れた非日常のライブは、帰路に着いてもほくほくの幸福感で満たしてくれ、現実をも少しだけ明るく照らしてくれている様に思えた。 ただひたすら楽しかった。 また行けたらいいな…。

    es
  • THE COLLECTORS

    10月の郡山に続いて、水戸ライトハウスに初参戦しました。開場前から、お店前にファンが溢れていて、その雰囲気がなんとも言えず良かったです。 今回のツアーは選曲が最高でした。「僕は恐竜」、「2065」を新リズム隊でも、ちゃんとコレクターズの音で聴かせてくれました。ここ数年行ったツアーの中では、最も「いい音」してました。 武道館がますます楽しみです!

    僕も恐竜
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

THE COLLECTORS のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み