ゴンチチ(GONTITI) のチケット情報

お気に入り登録する
ゴンチチ
ゴンチチ(GONTITI)は、ゴンザレス三上(本名・三上 雅彦、1953年12月30日 - )とチチ松村(本名・松村 正秀、1954年9月6日 - 、共に大阪府出身)のアコースティックギターデュオ。

概要
三上と松村の二人がアコースティック・ギターを演奏するのが基本スタイルとなっている。それに加えて、打ち込みによるデジタルサウンドを組み合わせることも大きな特徴である。純粋に非日常的な楽しさのみを追求して作品を制作するため、イージーリスニング的で、エキゾチックな雰囲気を持つ作品群ばかりである。

使用楽器
ゴンザレス三上がナイロン弦ギター(クラシックギター、ガットギター)によるリードギターを担当、チチ松村がスチール弦ギター(フォークギター)によるサイドギターを担当する。レコーディングでは生音をマイクで拾うことが多いが、ライブ演奏ではオベーションのエレアコを使用して、ライン音をアンプで大きく増幅した音を使うのが定番になっている。近年ではPAを使用せずコンサート会場の反響のみを利用してギターの生音を聴かせるライブも頻繁に行っている。三上は12弦ギターやエレクトリック・ギター、ソプラノギター、6弦ウクレレなども使用する。松村は8弦ウクレレも使う。

演奏スタイル
基本的に三上と松村の二人は椅子に並んで座ってギターを弾く。松村が向かって右、三上が向かって左というのが定位置である。また、衣装はほとんどの場合スーツである。演奏中は二人とも足でリズムを取るが、三上はつま先を軸にするのに対して松村は踵を軸にして動かす。このようなスタイリッシュさがビジュアル面での売りになっている。

ナイロン弦ギターは一般的に指弾きをするものだが、三上はピックを使ってダイナミックに弾く。このため、ナイロン弦ギターの一般的印象とは違う、明るくリズム感の強いサウンドを生み出している。対して松村は、スチール弦ギターを指弾きし、独特の心地良いリズムを生み出している。ほとんどの曲がインストゥルメンタルであり、歌詞付きの曲の場合、歌唱はもともとフォークソングの弾き語りをしていた松村が担当し、三上が歌うことはまれである。

ライブにおけるバックバンドの編成はその時々で大きく変化する。ドラム、ベース、キーボードといった典型的ロックバンド流の編成の場合もあれば、ストリングスのみを従えることもある。リズムセクションの中
「ゴンチチ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月05日(金) 16:34UTC
公式サイト
公演レビュー
  • live image 19 dix-neuf

    沖仁さんは、個人的に大好きなので楽しみにしていました。オーケストラと一緒に演奏されたスペインは、いつものSpanishではなく少しFrenchな余韻があって、とても素敵でした。宮本笑里さんは、お母さんになられたせいか余裕があって、艶っぽい演奏がとても魅力的でした。来年は、20年目ですので、とても楽しみです。

    MIKAりん
  • ゴンチチ

    楽しいおしゃべりと繊細かつメリハリのある演奏が素晴らしかった 特別な時間を過ごせました アンコールに、CD購入者にはサイン会もあり、大サービスでした ありがとうございました

    Kyotiti
  • live image 18 dix-huit

    イマージュの演奏目的の人や好きなアーティストがいる人には5つ星なんだと思います。 ただ私は春畑道哉のライブだとばかり思っていたのでショックでした。 春畑のアラートで届いたページからチケットを購入しましたが、コンピレーションライブであることや、出演日が 限られていることがとても分かりにくかったです。

    reeeee
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ゴンチチ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み