劇団四季(ゲキダンシキ) のチケット情報

お気に入り登録する
劇団四季(げきだんしき)は、四季株式会社が制作企画・興行運営を行う、日本の商業演劇を代表する劇団である。初期はアート志向であり、シェイクスピア、チェーホフなど既存商業演劇(新派、コマ劇場、新橋演舞場など)よりは、新劇団体(俳優座、文学座など)に近い演目を持っていたが、1972年ごろからブロードウェイやディズニー映画などの商業ミュージカルに転向した。年間3500公演(1日9 - 10公演)を行うとも言われている。

概要
700名以上の俳優・経営350人、技術350人のスタッフにより、東京・大阪・名古屋・札幌に設置した専用劇場を中心に年間3,000ステージ超を上演(興行)する。年間観客動員数はリピーターを含めて約300万人。1970年代以降、海外ミュージカル作品のロングラン上演を通じて日本にミュージカルを定着させるのに大きな役割を果たした。

海外ミュージカルの輸入によらない、浅利慶太がプロデュースを手がけて制作する「劇団四季オリジナルミュージカル」や「劇団四季ファミリーミュージカル」も人気がある。また、JR東日本アートセンター自由劇場開業後は従前のストレートプレイの上演も増加している。

概歴
1953年(昭和28年)7月14日に劇団七曜会から分裂する形で設立。当初は、東京大学文学部仏文科の学生(米村晰ら)と慶應義塾大学文学部仏文科の学生(浅利慶太・日下武史ら)を中心として10人で結成した学生演劇集団であった。

最初からミュージカル劇団を志向していたわけではなく、設立からかなり長い期間の間はストレートプレイ専門の劇団だった。これは、当時新劇界を席巻していたイデオロギー優先で演劇的な面白さを欠いた潮流に懸念を抱いた創立者たちが、演劇そのものの面白さを追求する劇団として創設したこととも関連している。主にジャン・ジロドゥやジャン・アヌイらフランス文学作家の書いた戯曲を演じていた。劇団の精神的指導者は創立メンバーにフランス演劇を教えた加藤道夫であるが、加藤は劇団四季の成立直前に自殺してしまう。

当初はアマチュア的色彩の強い劇団だったが、1960年(昭和35年)に「有限会社劇団四季」を設立し法人化。浅利は石原慎太郎に知己を頼り、五島昇の仲介で日生劇場の開設と運営に携わることになった。劇場運営から経営スキルを身につけ、次第に商業演劇指向へと変化し、1967年に「四季株式会社
「劇団四季」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年04月23日(火) 15:01UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 劇団四季「リトルマーメイド」5月/大阪

    ミュージカルならではの臨場感は、やはり現場で見ないと…って思わせてくれる、いい公演でした。 今回は姪っ子と来ましたが、姪っ子も楽しんでくれたようです。

    もこぷー
  • 劇団四季ミュージカル「パリのアメリカ人」5月/横浜

    ミュージカルなのに歌うシーンが少ないし、ダンスは下手では無いけれど、上手くも無いです。バレエ踊れる人達集めましたみたいなキャスティングだけど、それにしては物足りなくて、バレエなら他のバレエ団を観に行くから、もうやめてほしいとさえ思いました。全体的にセリフと歌が下手過ぎで、頑張って上手にセリフ言おうとしてます感が半端ない。。。 芝居、ミュージカル、バレエ、どれも中途半端でした。劇団四季ってこんなもんなのでしょうか。がっかりしました。

    みるこ
  • 劇団四季「キャッツ」2019年5月/東京 ぴあシート

    再演されたら必ず観に行きたいと熱望していた「キャッツ」をやっと観劇できました。 昨年の8月にチケットを取ってからこの日を迎えるまで長かったです。 劇団四季は他の演目を何度か観劇しておりますが、キャッツは格別でした。 皆さんから長く愛され続ける理由が分かりました。歌、ダンス、舞台演出、美術 全てが感動的!メモリーの圧倒的な歌唱では涙、涙…でした。 令和初日の良き記念となりました。

    sugar-atsu
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

劇団四季 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み