劇団青年座(ゲキダンセイネンザ) のチケット情報

お気に入り登録する
劇団青年座(げきだんせいねんざ)は、日本を代表する劇団の一つ。所在地は東京都渋谷区富ヶ谷。

概要
1954年、当時の「劇団俳優座」準劇団員たちで立ち上げ、同年12月17日に俳優座劇場で旗揚げ公演『第三の証言』(作・椎名麟三)を行った。創立メンバーは、土方弘、氏家慎子、天野創治郎、山岡久乃、中台祥浩、東恵美子、森塚敏、関弘子、成瀬昌彦、初井言榮の10名。

創立当時、翻訳劇全盛だった演劇界において、書き下ろしの創作劇上演を主体に活動を続け、「創作劇の青年座」を劇団活動の柱として確立させるとともに、その姿勢は次代に引き継がれている。創立後しばらくは苦しい状態が続いたが、幅広い演目で人気を獲得し、メジャー劇団へと成長した。現在も高畑淳子他多くの座員が在籍。西田敏行は33年にわたり劇団の中心俳優として活躍し2003年末に退団、竹中直人も一時正式な座員として所属していた。津嘉山正種も長らく在籍していたが現在は退団し、座友となっている。

また、映画放送部(青年座映画放送)には石丸謙二郎、窪塚俊介、長谷川稀世、藤吉久美子、中村綾らが在籍し、正規劇団員の他に外部からの移籍者も積極的に受け入れている。

劇団創立当初の付属養成所の建物は、現在、ピアニストのフジ子・ヘミングの自宅になっている。

主な所属俳優
男性
(省略)
* 小豆畑雅一
* 五十嵐明
* 井上智之
* 石田弘志
* 石母田史朗
* 岩崎ひろし
* 植村喜八郎
* 歌澤寅右衛門
* 加藤満
* 蟹江一平
* 加門良
* 児玉謙次
* 小林正寛
* 桜木信介
* 佐藤祐四
* 嶋崎伸夫
* 須田祐介
* 宇宙
* 長克巳
* 綱島郷太郎
* 手塚秀彰
* 永幡洋
* 名取幸政
* 平尾仁
* 福田信昭
* 益富信孝
* 矢崎文也
* 家中宏
* 山賀教弘
* 山口晃
* 山﨑秀樹
* 山路和弘
* 山野史人
* 山本龍二
* 横堀悦夫
* 若林久弥
(省略)

映画放送部所属男性
(省略)
* 天田益男
* 井川哲也
* 石丸謙二郎
* 加藤健一
* 金城大和
* 窪塚俊介
* 越村友一
* 坂口進也
* 咲野俊介
* 佐々木勝彦
* 篠塚勝
* 俊藤光利
* 筒井巧
* 永嶋柊吾
* 中丸新将
* 樋浦勉
* 福田賢二
* 藤山扇治郎
* 前田一世
* 牧村泉三郎
* 横井翔二郎
* 渡辺寛二
* 渡辺いっけい
「劇団青年座」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月24日(土) 07:11UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 劇団青年座「DNA」

    時枝夫婦の居間、夫一哉が勤めるPC事業部のオフィス、妻典子が親友と立ち上げたインテリアデザインの事務所を配した舞台が上手く物語の展開を視覚化している。時枝夫婦には子供はなく、キャリアウーマンの典子は創業したばかりの会社の経営に集中し、子供を産むことは毛頭考えはなく、夫一哉もそのことに理解は示してはいるが、真意はともかく話題にしたくない二人だが……東洋電機の中核事業PC事業部は予算達成を至上課題とし、長年バイセル取引で一時的利益計上を謀ってきたが、これはともすると粉飾決算に繋がりかねなかった。若手社員の指摘に対し、その悪弊を承知しながら続ける経営上層部。家庭と会社でのDNAを今日的問題として戯曲化している。典子(安藤瞳)は自己の幼少期のトラウマを抱えつつ、現代女性の在り方を等身大に演技して、さもありなんと感心した。夫一哉(石母田史朗)は優しいし、こうでなくては夫は務まらないかも。会社における主任の立場をわきまえて、性急な改革を迫る部下を説得するなど好感度が高い男性を演じていた。現代社会の一面を鋭く突きながら、自ら納得し問題解決に答えを探る若者に安心した。……現実社会では、経営陣の自己保身的誤った経営判断が会社の存続を危うくする報道をよく目にするが。……一哉の母親里美(井口恭子)の控えめなアドバイスが光っていた。

    粗忽者の早とちり
  • 劇団青年座「明日 1945年8月8日・長崎」

    30年前の初演時から幾たびの再演を繰り返す劇団青年座が大事にしている「明日」を初めて観る。夏になると原爆関連の戯曲が公演される中にあって、原爆投下前の長崎市内に暮らす市井の人々の暮らすの様子に焦点を当てた、何ら変哲のない日常を描いた作品に見えるのだが。……8月に入り、長崎にも空襲が日常茶飯事のなか、配給統制下にあって、せめてもの心のこもった祝膳が用意され、参列者は空襲警報の発令を気にかけながらも、ある新婚夫婦の門出を祝う祝宴が開かれた。そこに参列した人々の日常の様子や、戦時下ならではの悩み、若い人の恋の悩み、新たな生命の誕生に苦しむ妊婦。孫の誕生に明日の希望を重ねる祖母、そこに関連した人々にさえこれほどの物語があったのだ。……夜が明け、柱時計は11時2分を指したまま止まった。2~3の被災の有様が朗読されてはいるものの、原爆投下の惨状は観客の脳裏のうちにあり、あたりまえの日常の喪失が想像を超えて、想いは静かに深く心に沈んでゆく。不思議な感覚を覚える作品である。前田聖太と角田萌果の新婚初夜の恥じらいのある仕草が往時を想像させて好演である。折にふれ、ベートーヴェン「悲愴」(ピアノ・大貫夏奈、ヴァイオリン・菅野千怜、チェロ・石貝梨華)が女学生のお下げ髪姿で演奏され、鎮魂の響きが印象的であった。

    粗忽者の早とちり
  • 劇団青年座

    戦争の中、死と隣り合わせで暮らしていながらも、明日以降の日々が来る事を疑わずに生きている人たちのいつもと変わらない日常が描かれていて、舞台では誰一人も死ぬシーンがない所が逆に切なくて、心が痛くなる思いがしました。 それぞれのシーンは祝言を挙げた夫婦の話であったり、刑務所に収監された夫に接見する妻の話であったりと決して良い事ばかりではないが、たくさんの人たちの生活が間違いなくそこにあったと思うと戦争の残酷さを感じずにいられませんでした。

    茜色のいわし雲
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

劇団青年座 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み