東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(トウキョウシティフィルハーモニックカンゲンガクダン) のチケット情報

お気に入り登録する
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
(c)大窪道治
東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団(とうきょうシティ・フィルハーモニックかんげんがくだん、Tokyo City Philharmonic Orchestra)は、日本のプロ・オーケストラ。略称は、東京シティ・フィルまたはシティ・フィル。日本オーケストラ連盟正会員。

東京オペラシティコンサートホール、ティアラこうとうで定期演奏会を開催するほか、東京文化会館で特別演奏会を開催している。また、『題名のない音楽会』にも多数出演。

概要
1975年、自主運営のオーケストラとして指揮者・堤俊作を中心に若く才能ある演奏家たちによって設立。同年ベオグラード音楽祭開幕演奏会を含むヨーロッパ公演、香港・マカオ公演を成功させ、プロ・オーケストラとしての軌道を築く。

1985年、オーストラリアのブリスベーンとシドニーで行われた、テレビ朝日『題名のない音楽会』20周年記念演奏会に出演して各地で絶賛され、94年には日本音楽コンクールでオーケストラとして初めて特別賞を贈られた。

年間100回を超える公演は、定期演奏会および特別演奏会を柱に、オペラ・バレエ公演やポップスコンサート、映画音楽、テレビ出演、CD録音、音楽鑑賞教室まで多岐にわたる。特にテレビにおいては、テレビ朝日『題名のない音楽会21』を通じてその新鮮な魅力溢れる演奏を披露し、日本全国で好評を博している。

1994年からは東京都江東区と芸術提携を結び、ティアラこうとうを主な拠点として各種コンサートや公開リハーサル、ファンと楽員との交流会、楽器の公開レッスン、音楽セミナーなど、地域に根ざした音楽文化の振興を目的に幅広い活動を行っている。

1997年9月、ドイツ音楽、特にワーグナー指揮者として名高い飯守泰次郎が常任指揮者に就任。飯守の情熱的な音楽創りと東京シティ・フィルとが織りなすエネルギッシュで豊かな音楽表現は、聴衆の多大な支持を集めている。特に2000年9月から4年がかりで展開してきた「東京シティ・フィル オーケストラル・オペラ『ニーベルングの指環』」全4部作上演(高島勲演出)では、飯守&東京シティ・フィルの創り出す高水準のワーグナー音楽が各方面から大きな反響を巻き起こすと共に、常に高い評価を得ることに成功。続く『ローエングリン』、『パルジファル』(鈴木敬介演出)でも高水準の音楽と舞台が評価され、『ローエングリン』で三菱
「東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月04日(土) 00:40UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み