溝口肇(ミゾグチハジメ) のチケット情報

お気に入り登録する
溝口肇
溝口 肇(みぞぐち はじめ、1960年4月23日 - )は、日本のチェリスト、作曲家。東京都立狛江高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部器楽科卒業。東京都出身。元妻は作曲家の菅野よう子。

概要
作曲家として自らの作品を発表し、チェリストとしてソロライブを数多く行う一方、映画やテレビドラマ、アニメの劇伴を多数手がけている。特に著名なものとして『世界の車窓から』のテーマ曲が挙げられる。また、スタジオ・ミュージシャンとして、クラシック音楽、J-POP、ロックなど幅広いジャンルで伴奏を担当する。

所有している楽器は、1723年のアレキサンドロ ガリアノ(ナポリ)で「アンジェラ」と命名して愛用している。コンピュータに関しても造詣が深く、音楽制作ではDTMを古くから使用している。またヴィンテージ録音機材にも詳しく特にマイクはこだわっていて、レコーディング時には自身が所有しているものを持ち込み使っている。

テレビ放送に出演する機会もあり、旅番組への出演が多い。また、日本たばこ産業のピースライト、ギャラクシー企業イメージのCMにも自身が出演している。

大の自動車好きでもある。運転したことのある車種は100台近くになり、所有することよりとにかく運転することが楽しいらしい。「音が変わってしまう」とのことから、自分の乗用車のタイヤを走行距離にかかわらず半年毎に換えている。

経歴
カラヤンをテレビで見て3歳からピアノを始める。最初の先生は日本が誇るバンドネオン奏者、池田光男。その後幾度の引っ越しでピアノ先生が変わり11歳からチェロを始める。

チェロの勉強と共に中学、高校とロックバンドを組みキーボードを担当していた。コピーバンドとしてディープ・パープル、ビートルズ、クリーム、サディスティック・ミカ・バンド、キング・クリムゾン、リターン・トゥ・フォーエヴァー(チック・コリア)、ウェザー・リポート等、ありとあらゆるものを演奏していた。本人曰くディープ・パープルのキーボード部分は今でも弾けると述べている。中学時代の友人、高校時代のバンド仲間のもうひとりのキーボーディストとベーシストは、プロの音楽家として活躍中。学校ではロック音楽を、家ではチェロの練習の為にクラシック音楽という二重生活だったらしい。また高校時代は陸上部所属で専門は棒高跳。東京都新人戦では三位入賞。

東京芸術大学音楽学部器
「溝口肇」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年06月13日(水) 21:37UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 東儀秀樹with special guest溝口肇

    メンバー、セトリともに、素敵なコンサートでした!メインのお二人はもちろんバックの方も最高でした!!

    ななはは
  • 「徹子の部屋」クラシック2017

    楽しかったです。 三浦くんの真田丸が聞きたくて見に行きました。 全体的に演奏は皆さん緩い感じでそれほどよくはありませんでしたが、徹子さんのトークが意外にも面白くて楽しかったです。 徹子の部屋を見に行ったような感覚?ただし、この値段でこの演奏と構成は高いと思いました。楽しかったけどお値段を考えると星三つかな。

    さるすべり
  • 姿月あさと

    ずんこさんの声は素晴らしかったです。教会の空間がより声を響かせてくれたと思います。ピアノの方もチェロの方もとても良かったです。

    まりルンルン
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

溝口肇 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み