川平慈英(カビラジエイ) のチケット情報

お気に入り登録する
川平 慈英(かびら じえい、Jay Kabira、1962年9月23日 - )は、沖縄県那覇市出身のタレント、スポーツキャスター、ナレーター、俳優である。また、熱狂的なサッカー好きとしても知られ、主にテレビ朝日のサッカー中継等でスポーツキャスターを務めている。ケイファクトリー所属。名前はJ(ジェイ)・カビラと表記される場合もある。上智大学比較文化学部(現・国際教養学部)卒業。

父親の川平朝清は元アナウンサーで母親はアメリカ人。朝清、伯父の川平朝申は伊江御殿支流向氏伊江殿内の家系であり末裔に当たる。

タレントでJ-WAVEのナビゲーターとして知られるジョン・カビラ(本名・川平慈温)と実業家の川平謙慈は、実兄(慈温が長兄で謙慈が次兄)である。

バプテスト教会を信仰するクリスチャンである。

来歴・人物
1972年5月15日の沖縄本土復帰に伴う父親の転勤で家族と共に東京に転居した。玉川学園高等部時代、読売サッカークラブ(現・東京ヴェルディ)のユースチームに在籍した。中高生時代はサッカー部、クリエイティブムーブメント部、そして英語劇部に入部していた。英語劇部では『ジーザスクライストスーパースター』や『WEST SIDE STORY』(Baby John役)等のミュージカルに出演した。高校卒業後、一旦玉川大学文学部教育学科に入学するが、すぐに中退してテキサス州立大学にサッカー留学した後に帰国し(サッカー部の監督と方針を巡って意見が対立したため)、上智大学比較文化学部に入学・卒業。大学在学中にミュージカル俳優としてデビュー。

その後、1991年にWOWOWの「WOWOWスーパーサッカー」・イタリアセリエA実況中継のメインキャスターとして出演。これがサッカーキャスターとしてのデビュー作となり、2年後の1993年に開幕されるJリーグに合わせ、テレビ朝日『ニュースステーション』が募集したサッカーキャスターのオーディションに応募し、日米での選手経験などが評価されて合格した。サッカーへの熱情にあふれた川平の語り口はそれまでのプロ野球の結果を伝えるアナウンサーの冷静な対応とは全く異質であったが、テレビでの彼の活動基盤を作った。

また、『ニュースステーション』に出演する中で横浜フリューゲルスのサポーターとなっていき、番組内でも応援をした。そして1998年10月29日に発表された同チ
「川平慈英」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月13日(土) 05:33UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 「日本の歴史」

    がんばってチケット取れてよかったー

    BOO
  • 「日本の歴史」

    卑弥呼の時代から戦後までをどうに表現するのかと楽しみにしていましたが流石三谷作品だなという感じです。キャストもそれぞれが素晴らしく個性は強いのに一体感が出てました。演奏の素晴らしかったです。時代や場所は全然違うのに人生で大切なものは何かはつながっていました。なんとかなると思っていれば何とかなるさ~

    TOKUさん
  • 日本の歴史

    事前に「卑弥呼から始まる1700年に及ぶ日本の歴史を2時間半で見せるミュージカル」と聞いていたので(秋の園遊会でも陛下に説明されてましたね)、どんな風に演るのか興味津々です。 てっきり、歴史上の人物が次から次へ、早回しのように登場してくるのかと思いきや……。 20世紀初めのテキサスから物語が始まります。 生前、父親が買ってくれたテキサスの土地にシュミット家(母:シルビア・グラブさん、息子:新納慎也さん、娘:宮澤エマさん)がやってきます。 この土地で牧場を経営し、小作人のオブライエン家(父・長男:川平慈英さん、次男:中井貴一さん、三男:香取慎吾さん)も雇い、次第に財を成していくシュミット家。 すると突然、歴史の先生(秋元才加さん)が現れ、卑弥呼(シルビア・グラブさん)から始まる日本の歴史の講義を始めます……。 シュミット家の話と歴史の講義、これが交互に語られ、最初は「???」と戸惑っていましたが、話が進むにつれ、そうか、これはシュミット家の話を日本の歴史になぞらえているんだと気づきます。 うーん、さすが三谷幸喜さん、こんな手法を使ってくるとは……。 しかも、キャスト陣を見て、当然、中井貴一さんや香取慎吾さんを主役に持ってくるものと思っていましたが、最初の方は、まさかのアンサンブル的な登場も。 初めは慎吾ちゃんと分かりませんでした。 歴史の講義のパートでは、お二人がメインとなるエピソードもありましたが、シュミット家の話も含め、ほとんどが脇役というかサブキャラ的な役。 でも、却ってそれが、物語に「厚み」を増すような結果になったと思います。 特に、中井貴一さんが演ると、どんな役も求心力があって、その場の空気を持って行ってしまいます。 歴史の話も興味深かったですが(歴史に疎い私にもよくわかる)、シュミット家の物語も面白かったです。 今回の舞台は、コメディはコメディでも、ドタバタ喜劇ではなく、きちんとストーリー性を軸とした話。 7人で何十人もの役を演るので、早着替えなんかもありますが、それもサラッとこなしていました。 ドタバタコメディだったら、何回も早着替えさせたり、着替えが間に合わなかったりで笑いをとるでしょうが、そういうのは一切ありませんでした。 ガハハと笑うシーンは、比較的少なかったかもしれませんが、私はこういう三谷コメディの方が好きです。

    touch
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

川平慈英 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み