立川談笑(タテカワダンショウ) のチケット情報

お気に入り登録する
立川談笑
立川 談笑(たてかわ だんしょう)は江戸・東京の落語の名跡。当代は6代目と名乗っている。当代以前に談笑は4人ほどおり、談生を入れて6人前後確認されている。
* 初代 談笑(? - 文化7年12月27日(1811年1月21日))は本名を足袋屋庄八という。式亭三馬の後ろ盾で烏亭焉馬の門下になり式亭三馬の命名で立川談笑(または烏亭談笑)。寄席の進出は1805年から。享年未詳。港区芝の正伝寺に墓石が存在する。
* 2代目 談笑(生没年不詳)は本名不詳。2代目菅良助が初代立川談志から改名した際名乗っていた。のち都鳥を経て2代目菅良助。
* 談笑(? - 1876年12月上旬)は3代目立川談志(通称「花咲爺の談志」)が襲名する前に名乗っていた。立川談笑から立川燐馬などを経て立川談志。没年不詳。
* 談笑(1862年 - 1918年5月11日)は3代目古今亭志ん生(通称「軍鶏の志ん生」)が最初に名乗っていた名跡。初代むかし家今松、5代目雷門助六を経て志ん生。享年56。
* 談生(生没年不詳)は4代目立川談志(通称「郭巨の釜掘り」)の門人。もり蕎麦を一時に40枚とか食べたと伝わる。そのほかの事は不明。明治10年代から20年代に存在。通称「そば食いの談生」という。
* 談生(1949年10月23日 - )は5代目鈴々舎馬風の一番弟子鈴々舎馬桜が真打昇進間もない頃名乗っていた。前座名は立川談吾。二つ目名は立川談生。
* 立川 談笑(1965年9月23日 - ) - 落語立川流。本名、小田桐英裕。6代目を称する。本記事で詳述。
-----
(省略)
6代目立川 談笑(たてかわ だんしょう、1965年9月23日 - )は落語立川流所属の落語家である。東京都江東区出身。本名は小田桐 英裕(おだぎり ひでひろ)。海城高等学校、早稲田大学法学部卒業。出囃子は『野球拳』『佃』。身長182cmと落語家の中では高い方。基本は古典落語だがアレンジ色が強い。

極度の怖がりで『ザ☆ネットスター!』ではちょっとしたことでビックリしてしまい、イスから転げ落ちたりしている。
2008年時点におけるネット歴は「パソ通も入れていいならネット歴20年」との事。

略歴
* 1993年2月 - 7代目立川談志に入門、立川談生(だんしょう)を名乗る。
* 1996年7月 - 二つ目に昇進。
* 2003年 - 二つ目のま
「立川談笑」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年09月08日(土) 08:29UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

立川談笑 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み