市川猿之助(イチカワエンノスケ) のチケット情報

お気に入り登録する
四代目 市川 猿之助(よだいめ いちかわ えんのすけ、1975年(昭和50年)11月26日 - )は、東京都出身の俳優、歌舞伎役者。屋号は澤瀉屋。定紋は澤瀉、替紋は三ツ猿。歌舞伎名跡「市川猿之助」の当代。本名は喜熨斗 孝彦(きのし たかひこ)。2012年6月、二代目市川亀治郎改め、四代目市川猿之助を襲名。

人物
歌舞伎における立役、女方、舞踊に至るまで、優れた理解力と表現力に富む。女方を多く勤めた亀治郎時代を経て猿之助を襲名。2007年にNHK大河ドラマ『風林火山』で武田晴信を演じて以降、テレビドラマ、映画、現代劇、バラエティ番組にも多数く出演する。慶應義塾大学文学部国文学専攻卒業。京都芸術劇場「春秋座」芸術監督。ケイファクトリー所属。

来歴
*1975年(昭和50年) - 歌舞伎役者四代目市川段四郎の長男として東京に誕生。伯父に二代目市川猿翁(三代目猿之助)、その長男に俳優の香川照之(九代目市川中車)がいる。女優の高杉早苗は祖母。
*1980年(昭和55年) - 7月、歌舞伎座『義経千本櫻』の安徳帝で初お目見得。
*1983年(昭和58年) - 7月、歌舞伎座『御目見得太功記』の禿たよりで、二代目市川亀治郎を襲名して初舞台。
*1985年(昭和60年) - 10月、歌舞伎座夜の部『雙生隅田川』で伯父三代目猿之助、七代目尾上菊五郎の3人で宙乗りを勤め、当時の最年少宙乗り記録を樹立。
*1987年(昭和62年) - 9月、南座スペシャル「猿之助のすべて」Dプロ『連獅子』で狂言師左近後に仔獅子の精を勤める。親獅子の精は父・段四郎。
*1989年(平成元年) - 7月、歌舞伎座昼の部『独楽』を弱冠13歳で勤める。
*1998年(平成10年) - 3月、慶應義塾大学文学部国文学専攻を卒業。7月、歌舞伎座『義経千本櫻』のお里で名題昇進。
*2002年(平成14年) - 8月、京都造形芸術大学春秋座「第一回亀治郎の会」を開催。
*2003年(平成15年) - 7月公演を最後に、父・段四郎とともに猿之助一座を離脱。
*2006年(平成18年) - 3月、三谷幸喜初演出の歌舞伎『決闘! 高田馬場』に出演。翌年、蜷川幸雄演出の歌舞伎『NINAGAWA十二夜』に出演。
*2007年(平成19年) - 大河ドラマ『風林火山』で準主演・武田信玄(晴信)役に抜擢。テレビドラマ初出演。
*
「市川猿之助_(4代目)」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月23日(火) 09:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 歌舞伎座八月納涼歌舞伎

    最高以外の言葉は見つかりません!! 夏を感じれる素晴らしい舞台でした。 また来年も絶対に見たいです!! つーか、何がなんでも行きます。

    はにお
  • 八月納涼歌舞伎 第二部 東海道中膝栗毛

    面白かった~。盛り沢山で、初日は、ただただ夢中で観ておりました。2度目は落ち着いて観られるかと思いましたが、もっと面白くなっていました。大満足です。

    ensama命
  • 松竹大歌舞伎

    引窓では与兵衛,十次兵衛、お早、お幸のそれぞれの心情の表現が素晴らしかったです。 色彩間苅豆は かさねの与衛門を愛する女の姿から 壮絶な殺し場、怨念の修羅場へと変わっていく恐ろしい話。 猿之助さん演じる美しいかさねが 怨霊に憑りつかれて与兵衛を殺す恐ろしい姿に変わっていくクライマックスは引き込まれました。 猿之助さん、美しく 恐ろしかったです。

    とんママ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

市川猿之助 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み