Tommy Guerrero(トミーゲレロ, TOMMY GUERRERO) のチケット情報

お気に入り登録する
トミー・ゲレロ(Tommy Guerrero,1966年9月9日 - )は、サンフランシスコ生まれのスケートボーダー、ミュージシャン。

経歴
10代で「ボーンズ・ブリゲード」の最も有名なメンバーのひとりとなる。ボーンズ・ブリゲードはパウエル・ペラルタ社のプロスケートボードチームで、1980年代に一世を風靡した。故郷サンフランシスコの街並みを、ほとんどなんの苦もないかのように滑りぬけていくスタイルで有名である。その姿は、ボーンズ・ブリゲードのほとんどのビデオで見ることができる(『Future Primitive』『The Search for Animal Chin』『Public Domain』『Ban This』)。同社を退いた後は、同郷でチームメイトであったジム・チボーとともにスケートボードチーム「リアル」を立ち上げた。

スケートボードで成功したあとは、ゲレロの関心は第2の分野に向かった。音楽である。スケート・ロックバンド「フリー・ビア」、実験音楽グループ「ジェット・ブラック・クレヨン」に所属したが、最も成功をおさめたのはソロアーティストとしてである。

音楽
その作品はロック、ラップ、ファンク、ソウル、ジャズなど、さまざまなタイプの音楽をミックスしたスタイルのものである。

ファンキーな外観とはうらはらに、ゲレロの音楽は極めてロマンティックであり、時にはある種の冷たさすら感じさせる。その音楽性はジャンルを超えてレイ・バービーやトータスと共通するものがある。

日本では、キユーピーのCMに楽曲を提供していることでも知られる。「It Gets Heavy」はもともとマヨネーズキユーピーハーフのCMのために書き下ろされた曲(CM曲としてのタイトルは「Mayo」)であったが、のちにミニアルバム『Junk Collector』に収録、日本で彼の名が知られるきっかけとなった(さらにのち、ボーカルを追加してアルバム『ソウル・フード・タケリア』に収録)。

ゲレロがキユーピーに提供した楽曲は、このほか「Little Blue」などがある。

別名義に「Fotraque」。

ディスコグラフィー
アルバム
*ルース・グルーヴズ & バスタード・ブルース (1997)
*ア・リトル・ビット・オブ・サムシン (2000)
*ソウル・フード・タケリア (2003)
*フロム・ザ・
「トミー・ゲレロ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月11日(火) 23:09UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 映画『ボーンズ・ブリゲード』完成披露プレミア上映会

    スケボーに、感心があったわけではないが、ほぼ直感だけで、上映会へ。 少年時代に夢中になることの重要性、チーム、マネジメント、教育、コミュニティ、コミュニケーション様々な 関心事が重なりあい大変感動し、多くのことを学び、家族や知人にぜひ進めたいと思った。 本当に、本当に、本当に良い刺激をもらった。素晴らしい仕事!魅力的なチーム!みごとな人生! がフィルムに 記録された奇跡!に感謝。

    しこくさぶろう
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

Tommy Guerrero のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み