尾藤イサオ(ビトウイサオ) のチケット情報

お気に入り登録する
尾藤 イサオ(びとう イサオ、1943年11月22日 - )は、歌手、ジャグラー、俳優、声優。本名、尾藤 功男(びとう いさお)。

東京都、現在の台東区出身。身長168cm、体重55kg、血液型A型。

父は百面相や形態模写を得意とした落語家で寄席芸人の3代目松柳亭鶴枝。母も芸人であった。長女は歌手の尾藤桃子。

来歴
1953年に、曲芸師・鏡味小鉄の内弟子となり鏡味鉄太郎を名乗って、幼少時代は太神楽の曲芸師として活躍。小鉄と兄弟子・小次郎存命時には、3人で共演することもあった。高校時代はロカビリーなどの音楽に興味を持つ。

1960年プロダクションの門をたたき、後のGSバンド「ジャッキー吉川とブルー・コメッツ」をバックに練習に励む。

1961年アメリカのハリウッドに渡り翌1962年5月までハリウッドで勉強。帰国後の9月、フランツ・フリーデルをリーダーとするバンド「ファイア・ボール」の一員になり、東京都内のジャズ喫茶に出演するようになる。当時のレパートリーは「ジェニ・ジェニ」「ルシア」「火の玉ロック」「ハウンド・ドッグ」等のロックナンバーであった。ジャズ喫茶での歌唱に目を留めたテレビのプロデューサーにより「パント・ポップショー」(TBSテレビ)「スパーク・ショー」(フジテレビ)のレギュラーになる。

1963年の「新春日劇ウエスタンカーニバル」初出演。以降「日劇ウエスタンカーニバル」に連続出演。2月銀座の音楽喫茶「ニュー美松」で開催されたプロ歌手、バンドのみによる「プロ・ロック・コンテスト」にて歌手部門で1位になる。1963年3月「ミュージック・ライフ・人気投票」(1962年の人気による投票)では36位に初登場。5月開催の「第20回記念日劇ウエスタンカーニバル」ではプレスリー賞を受賞。

1962年に「東芝レコード」に内定していたものの、初めてのレコードが発売となったのは1964年2月。このころ「ブルー・コメッツ」の専属シンガーだったが、クルト・ヴァイルの「三文オペラ」の主題曲「マック・ザ・ナイフ」のカヴァー「匕首マッキー」でソロでデビュー。デビュー曲にしてヒットとなった。以降シングル盤は1967年まで殆どが「ブルー・コメッツ」がバックを務め録音され発売された。

1964年3月「ミュージック・ライフ・人気投票」では18位になる。7月、アニマルズのカヴァー『悲し
「尾藤イサオ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年12月25日(火) 10:57UTC
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

尾藤イサオ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み