岩代太郎(イワシロタロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
岩代太郎
岩代 太郎 (いわしろ たろう、1965年5月1日 - )は、日本の作曲家、編曲家、ピアニスト、音楽プロデューサー。

来歴
東京都出身。教育者岩代吉親を祖父に、作曲家の岩代浩一を父に持つ。

東京都立芸術高等学校を卒業して1浪ののち、東京藝術大学(東京芸大)音楽学部作曲科に入学する。1989年に東京芸大音楽学部作曲科を首席卒業、1991年に同大学院修士課程を首席修了する。南弘明、近藤譲、松下功、黛敏郎に師事した。大学院在学中、サクソフォーン奏者雲井雅人の演奏からサクソフォーンのための作曲を思いつき、寺山修司の詩「世界のいちばん遠い土地へ」(『寺山修司少女詩集』角川文庫所収)からの霊感を受けて、寺山の詩をタイトルとするサクソフォーン協奏曲を書き始める。完成した「TO THE FARTHEST LAND OF THE WORLD(世界のいちばん遠い土地へ)〜ソプラノ・サックスとオーケストラの為のコンチェルト〜」は、1990年から1991年にかけて行われたシルクロード国際管弦楽作曲コンクール(主催:朝日新聞社、ユネスコなど)に応募され、杜鳴心、團伊玖磨、黛敏郎、山田一雄、松村禎三ら同コンクール審査委員から高い評価を得て最優秀賞を受賞、1991年2月17日にサントリーホールにて演奏された。また同曲は、大学院修了作品中の最優秀作品として東京芸大に買い上げられ、スコア(原譜)は同大学資料館に永久保存されている。以後、多彩なジャンルで活動しており、特にテレビドラマの音楽を数多く手掛けている。

2003年6月9日、当時日本テレビのアナウンサーだった松本志のぶと結婚した。

2006年より東京都交響楽団の理事に就任し、同楽団と共に活動の幅を広げている。

2008年に開催された北京オリンピックではアーティスティックスイミング日本代表(通称:マーメイド・ジャパン)の音楽を手掛け、話題となった。同年にはアジア各国や欧米で劇場公開されたジョン・ウー監督作品『レッドクリフ』の音楽を担当するなど、近年では映画音楽を数多く手がけている。

2009年「天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典」の奉祝曲を委嘱され、同祭典において『奉祝曲 組曲「太陽の国」』を発表した。

『ニューズウィーク』日本版では、「世界が尊敬する日本人100人」の特集記事において、北野武、田村響、隈研吾らと共に紹介されて
「岩代太郎」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月09日(火) 14:31UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 奏劇 「ライフ・コンチェルト」 ある教誨師の物語 〜死刑執行までのカウントダウン

    弦楽四重奏+ピアノと朗読劇で構成された舞台です。 「演奏と演劇の狭間で新しい可能性を探求した」ということで「奏劇」と名付けられたそうです。 物語は、二人の教誨師(國村隼さん、高田翔さん)と二人の死刑囚(大森博史さん、長谷川京子さん)の交流の話……だけかと思っていたら、途中から、死刑囚(長谷川京子さん)の娘(黒川智花さん)を巻き込んだミステリーの要素も。 全体的に静かな劇(演奏も)でしたが、その静けさで聴く國村隼さんの声の素晴らしいこと! 高田翔さんや伊東健人さん(原作者の代弁役)もいい声で、とても聴きやすくて、とても聴き惚れてしまいました。 当然、単なる朗読じゃなくて、感情を込めた演技をするわけですが、ほとんどが椅子に座った状態で行われるにも関わらず、その時の動きまで見えてくるようでした。 終演後、松本志のぶアナ進行によるアフタートーク(高田翔さん、岩代太郎さん)がありました。 高田翔さんは、初顔合わせの(本読みの)時まで、この劇が朗読劇だと知らず、完璧に台本を頭に入れてたそうです。 だから、台本を見なくても大丈夫だそうですが、演出上、時々台本を見るように言われたそうです。 ちなみに、松本志のぶさんと岩代太郎さんはご夫婦なんだとか。 テーマ的に、ちょっと重い劇だったので、アフタートークは、ちょうどよいクッションになりました。

    touch
  • 作曲家の祭典2016

    作曲家が6人も集まり祭典、愛をテーマにして、知ってる曲もたくさんありました。どの曲も素敵、オーケストラっていいな。生まれ変わったら楽器をやりたい。 作曲家自ら指揮をして素晴らしいコンサートでした。 そして、今回一曲だけ、宮川彬良さんの曲は、J kimさんの歌がありました。心に響き素晴らしかったです。もっと聴きたかった。

    えりさ
  • ~3人の盟友ヴァイオリニストを迎えて~岩代太郎 生誕ほとんど50年記念コンサート

    ホールのロビーにはお花がズラリと並び、特にテレビ業界との繋がりが強いことが窺い知れる。 作曲者がフルオーケストラで自分の曲を指揮できる機会というのがどれくらいあるだろうか。とついつい考えてしまう。 The Arslan TVアニメーション「アルスラーン戦記」より 最初の曲は奇しくも公演の次の日から放映されるアニメのテーマ曲。 壮大な印象の音楽でアニメと切り離して音楽だけ聴いても楽しめた。 映画「血と骨」より「血と骨」組曲 全4楽章 一人目のヴァイオリニストは小林美恵さん。 超絶技巧をこらす作品ではないかもしれないが憂いのある艶やかな音色とオケの弦のみの美しい響きが素敵だった。 「Tammy In Love」のテーマによるプロローグ、フーガ、エピローグ 「黒部の太陽」より「Kトリロジー組曲」 全3楽章 休憩をはさんで竹澤恭子さんを迎えての2作品。 先日のメンコンから、また作風はがらりと変わるのだけれど、美しい響きと全身で歌うような演奏は素晴らしかった。 Soul Mate 6月に公開される「愛を積む人」よりこちら。 この曲は岩代さんの実母と義母の2人を想いながら作曲されたもので、映画でも出てこない、つまりはこのば限りの作品であることが知らされた。 とても優しくて少し哀しい音楽がすごく素敵だった。 「あぐり」より「あぐり」組曲 全4楽章 最後はこちら。 あぐりは、リアルタイムで見てはいないのだけれど、素敵な作品だった。 矢部さんは昨日のシュニトケとベートーヴェンとは、全然違う作品だけれど本当に美しかった。 おそらく、フルオーケストラでソリストをされる矢部さんの演奏を聴いたのは初めてだと思う。 客同士でも繋がりのある方が多かったのか、終演後もロビーのあちらこちらで、歓談している人達で賑わっていた。

    Emilie
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

岩代太郎 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み