庄司紗矢香(ショウジサヤカ) のチケット情報

お気に入り登録する
庄司紗矢香
(c)Kishin Shinoyama
庄司 紗矢香(しょうじ さやか、1983年1月30日 - )は、東京都国分寺市出身の、日本のヴァイオリニスト。1999年、パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールにて史上最年少で優勝。

人物・来歴
幼少時代
東京に生まれた。画家である母の留学に伴い、3歳からシエーナに移り、2年間を送る。最初ピアノを習っていたが、キジアーナ音楽院のコンサートでヴァイオリン演奏を見たことがきっかけとなり、5歳からヴァイオリンを始めた。

帰国後、国分寺市内の小学校に進み、1994年、6年生の時に第48回全日本学生音楽コンクール東京大会、全国大会で第1位を獲得した。

ヨーロッパ留学
1995年、キジアーナ音楽院において、ヴァイオリンをウート・ウーギ、室内楽をリッカルド・ブレンゴーラに学び、1997年にはイスラエルより奨学金を得てシュロモ・ミンツに学んだ。同年、14歳でリピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール・ジュニア(17歳未満)部門で日本人として初めて優勝し、ルツェルン音楽祭にルドルフ・バウムガルトナー指揮ルツェルン祝祭管弦楽団のソリストとして出演した。

また、リピンスキ・ヴィエニヤフスキ・コンクールで審査員を務めていたザハール・ブロンに声を掛けられ、1998年以降、ケルン音楽大学でブロンに師事する。
また、同年、ルツェルン祝祭管弦楽団とヨーロッパ演奏旅行を行い、ウィーン・ムジークフェラインザールでウィーン・デビューを果たした。

1999年、第46回パガニーニ国際ヴァイオリン・コンクールに同コンクール史上最年少、かつ日本人として初めて優勝した(同時にエンリコ・コスタ博士記念賞、マリオ・ルッミネッリ記念賞も受賞)。
2004年、ケルン音楽大学を卒業し、翌年パリに移った。

近年の活動
2000年、ズービン・メータにその才能を認められ各地でオーケストラと協演、ドイツ・グラモフォンと専属契約を結んだ。その後ユーリ・テミルカーノフ、ロリン・マゼール、ウラディーミル・アシュケナージ、シャルル・デュトワ、ヴォルフガング・サヴァリッシュ、ネヴィル・マリナー、リッカルド・シャイー、コリン・デイヴィス、チョン・ミュンフン、ピンカス・ズッカーマン、エリアフ・インバル、ガリー・ベルティーニ、ウラディーミル・スピヴァコフ、ルチアーノ・ベリオ、ユーリ・バシュメットなどと共演。ヨーロッパを中心に、日本、ア
「庄司紗矢香」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年10月15日(月) 19:06UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 2018北九州国際音楽祭/ニコライ・アレクセーエフ(指揮) サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団 庄司紗矢香(vl)

    前列だったので庄司紗矢香さんの演奏を間近に見れて気迫を感じました。楽団の指揮者が変更になったのは残念でしたが迫力がある演奏に感銘しました。ただ、あまりに前列過ぎたので管楽器や打楽器などの音は聞こえても演奏が見えなかったのが残念でした。

    aping
  • サンクトペテルブルグ・フィルハーモニー交響楽団(ヴァイオリン:庄司紗矢香)

    改めて庄司紗矢香さんの凄さを感じた演奏でした。 シベリウスのヴァイオリン協奏曲。雄大で、厳かな感じもする曲でした。 庄司さんのヴァイオリンは、どんな奏法でも濁りなく、一音一音がとてもクリアに聴こえます。 かなり後ろの席に座っていたのですが、ほんの数メートル先で弾いているかのように感じました。 これって、ホールの音響効果だけじゃないと思います。 オーケストラの配置は、珍しく、古典配置の形式。 指揮者の前にチェロ、ステージ左奥にコントラバスが配置されていました。 しかも、チェロは8人(交響曲の時は11人?)、コントラバスは6人(交響曲の時は8人?)という構成で、重厚感が半端ない! でも、全体としてはまとまっていて、心地よい音になっていました。 前半のアンコール(ヴァイオリン・アンコール)では、そんな重厚感ある演奏から一転、庄司さんがソロで弾き始めたのは、ちょっとロシア民謡っぽくて、軽やかで楽しい感じの曲(「チェブラーシカより誕生日の歌」というのは、後から知りました)。 楽団員の皆さんも、ニコニコしながら聴いていたのが印象的でした。 指揮者は、ニコライ・アレクセーエフさん。 本当は、ユーリ・テミルカーノフさんがする予定でしたが、健康上の理由により、来日できなくなったとのこと。 代役だからということもないんでしょうが、挨拶なんかは結構控えめな感じがしました(演奏はブラボー!でした)。

    touch
  • NHK交響楽団

    庄司紗矢香さんのヴァイオリンが聴きたくて、今回初めてNHKホールに行って来ました。 初めて聴く曲目でしたが、ピアノのオラフソンさんとの息もぴったり合っていて行った価値がありました。 後半のヤナーチェク、コダーイ共に初めて聴きましたが、特にコダーイの組曲が印象に残りました。 名古屋から行きましたが、雨の東京は思ったより寒くて半袖は失敗でしたね。

    三ちゃん
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

庄司紗矢香 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み