プラシド・ドミンゴ(PLACIDO DOMINGO) のチケット情報

お気に入り登録する
ホセ・プラシド・ドミンゴ・エンビル(José Plácido Domingo Embil KBE, 1941年1月21日 - )は、スペイン生まれのオペラ歌手(テノールまたはバリトン)で、指揮者、歌劇場芸術監督としても活動している。

年上のルチアーノ・パヴァロッティ、年下であり同じくスペイン出身のホセ・カレーラスと共に三大テノールとしても広く知られる。

経歴
生い立ち
スペインのマドリード生まれ。両親はサルスエラ歌手。1949年、サルスエラ劇団を経営する家族とともにメキシコに移住、両親の一座で子役として舞台に立っていた。1955年にメキシコシティの国立音楽院に入学してピアノと指揮を学ぶ。

デビュー
1959年に、メキシコシティのメキシコ国立歌劇場でテノール歌手としてデビューした。1961年には同じくメキシコのモンテレイでアルフレード(椿姫』)を歌い、本格的な初主演を飾る。

1962年にテルアビブ歌劇場と契約し、イスラエルに移る。多くの役に挑戦して実力を蓄えつつ、1965年までイスラエルで活躍。1965年にニューヨーク・シティオペラと契約してアメリカに移った。1967年には、ドン・カルロ(タイトル・ロール)を歌ってウィーン国立歌劇場にデビューする。

世界的名声
1968年には西ドイツのハンブルクでローエングリンを歌ってワーグナー作品にも進出したが、声帯障害を引き起こしてしまう。同年、ニューヨークのメトロポリタン歌劇場にチレア作曲「アドリアーナ・ルクヴルール」マウリツィオ役でのデビューが決定、リハーサルを行っていたドミンゴだったが、同役を演じていたスター歌手フランコ・コレッリが突然出演をキャンセルしたため、劇場は代役をドミンゴに依頼、劇場に急遽駆けつけてマウリツィオを演じたドミンゴは、思いがけず数日早まったメトロポリタン・デビューを成功させる。

また、1969年にはエルナーニ(ヴェルディ作曲同名作)でスカラ座、1971年にはカヴァラドッシ(プッチーニ作曲「トスカ」)を歌ってロンドンのロイヤル・オペラ・ハウスにデビューし、世界的な名声を確立した。

多彩な活躍
1981年には、アメリカ合衆国のフォーク/ポップ歌手のジョン・デンバーとデュエットで歌った『パーハップス・ラヴ』を録音したことで、オペラ界以外からも広く知られる歌手となった。1989年5月21日には、松
「プラシド・ドミンゴ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月24日(土) 09:47UTC
公式サイト
公演レビュー
  • プラシド・ドミンゴ(T)

    ドミンゴの歌唱は2曲目から本領発揮で、年齢を感じさせない伸びのある素晴らしいものだったと思います。トーラの歌声は、艶があり予想以上に(失礼)聞きほれてしまいました。ヌリア・ポマレスはスペインのダンサーらしく妖艶ななかにも切れがあり、また両手に持ったカスタネットを自在に操り(踊ってなくてもあのようには鳴らせません)、素晴らしいものを拝見させていただきました。ユージン・コーンのオーバーアクションの指揮も今回のリサイタルには相応しかったかと思います。最後に東フィルですが、実力が上がったように思います。特に、シンバルは良かったと思います。頑張ってください。

    trader
  • プラシド・ドミンゴ(T)

    2階席2列目のS席でした。 家族3人で行ったのですが、値段の割には高かったかなというのが率直な感想です。 前週の東京フォーラムに比べるとオーチャードホールはお高い価格でしたが、オーチャードの方が値段の分だけ音や内容がよかったのでしょうか? ドミンゴ先生の声量がお歳のせいで落ちたのでしょうか?マイクの音量の問題なのか、我々の席では遠く感じました。 ヴァージニア トーラ先生は、さすがドミンゴ先生が連れてくるだけあって素晴らしかったです。 我々にとってはフランメンコの踊りをあまり見たことがなかったので、とても新鮮で楽しかったです。 東京フィルの演奏は大変良かったです。 最後の「ふるさと」は日本人の心を打つ感動的なものでした。 震災の時にも他の歌手が次々キャンセルする中、ドミンゴ先生は被災者支援を惜しみなくして下さったので、それを思うとますます感動的でした。 ドミンゴ先生にはいつまでも若々しく、また日本で歌っていただきたいです。

    初心者
  • プラシド・ドミンゴ(T)

    長年のドミンゴファンです。肺塞栓で入院したということで心配していましたが、元気な姿で登場して、涙が出そうになりました。 国際フォーラムのホールAという巨大な会場なのでマイク使用は止むを得ないのでしょう。72歳という年齢を感じさせない相変わらずの美声にうっとりしました。パートナーをつとめたヴァージニア・トーラものびやかな美声で楽しませてくれました。オペラファンとして欲を言えばもっとオペラのアリアを聴きたかったのですが・・・ 後、会場運営についてですが、開場6時45分であれだけの人数の入場には開演までの時間が短かすぎて長蛇の列となり、結局開演時間も遅れました。それと壇上に二人のビデオカメラマンが立って撮影していたのと、右側に巨大なクレーンのような自動ビデオカメラ(?)が設置してあってそれが絶えず動くのが視野に入り邪魔でした。テレビ局の意向よりも高い料金を払って行った聴衆にもっと配慮してもらいたいものです。オーチャードホールのチケットが取れず国際フォーラムに行ったのですが、オーチャードではまさかそんなことはないのでしょうね?

    piacere
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

プラシド・ドミンゴ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み