ホセ・カレーラス(JOSE CARRERAS) のチケット情報

お気に入り登録する
ホセ・カレーラス
ホセ・カレーラス(カタルーニャ語表記:Josep Carreras i Coll、カタルーニャ語発音:[ʒuˈzɛp kəˈreɾəs i ˈkɔʎ]、スペイン語表記:José Carreras、1946年12月5日 - )は、スペインのバルセロナ県バルセロナ生まれのテノール歌手。ヴェルディやプッチーニなどのオペラの名唱で知られる。

1990年代から2000年代にかけて、ルチアーノ・パヴァロッティ、プラシド・ドミンゴとともに三大テノール演奏会に出演してひろく名声を得た(3人の中ではカレーラスが一番若い)。

来歴
生い立ち
カレーラスはバルセロナに生まれ、幼い頃から音楽的才能を現した。8歳でスペイン国立放送に出演、『女心の歌』(ヴェルディ)を歌って初めての公開の演奏を行った。11歳でバルセロナのリセウ大劇場でファリャの『ペドロ親方の人形芝居』のボーイソプラノ役の語り手と、プッチーニの『ボエーム』第二幕の子役を歌った。

デビュー
十代でカレーラスはスペインの名門音楽院であるリセウ音楽院で学んだ。カレーラスはリセウ劇場に『ノルマ』のフラヴィオ役でデビューし、主役ノルマを歌った著名なソプラノ歌手モンセラート・カバリェに注目された。彼女はカレーラスをドニゼッティの『ルクレツィア・ボルジア』の上演に招き、これがカレーラスの最初の大きな成功のきっかけとなった。

活躍
(省略)
1971年、25歳のカレーラスはロンドン・デビューをカバリェとともに『マリア・ストゥアルダ』で飾った。引き続く数年の間に2人は15曲以上のオペラで競演を重ねた。

1972年、カレーラスは『蝶々夫人』のピンカートン役でアメリカ合衆国に現れ、1973年にはNHKの招聘に応じたイタリア・オペラ公演メンバーに加わって初来日。レナータ・スコット主演『ラ・トラヴィアータ』(『椿姫』/ヴェルディ作曲)でアルフレードを歌う。また1976年にはやはりNHK招聘公演でカバリェが主演した『アドリアーナ・ルクヴルール』(チレア作曲)でマウリツィオを歌い、日本の聴衆にも新進歌手として存在を印象づけることになる。

1974年にはウィーン国立歌劇場にマントヴァ公で、またロイヤル・オペラハウスには『椿姫』のアルフレード役で、またメトロポリタン歌劇場には『トスカ』のカヴァラドッシ役で、それぞれ初舞台を踏んだ。翌年ミラノ・スカラ座
「ホセ・カレーラス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年05月21日(火) 09:52UTC
公式サイト
公演レビュー
  • ホセ・カレーラス(T)

    まあまあ満足しましたか、なんかすごい演出でした、 でもカレーラスさんがあんまり痩せていらしゃったので、健康が心配です。

    ヒロシ6261
  • ホセ・カレーラス(T)

    とても盛り上がって最高でした。神戸から遥々来た甲斐がありました。大阪では聴けなかった曲もアンコールで歌っていただき(興奮のあまり曲名忘れました)もう最高! 今夜は眠れるかな?

    あんな
  • ホセ・カレーラス(T)

    オペラは詳しく無いけど、ホセ・カレーラスと言うビッグネームに誘われて駆けつけました。ザ・シンフォニーホールは2度目ですが席がバックステージ側のど真ん中でした。一曲だけ後ろ向いて歌って頂けました。 もっとイタリア語勉強しようと思うくらい良かったです。

    blue1toto
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ホセ・カレーラス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み