ささきいさお(ササキイサオ) のチケット情報

お気に入り登録する
ささきいさお
ささき いさお(1942年5月16日 - )は、日本の男性歌手、俳優、声優、ナレーター。

東京府出身。暁星小学校、武蔵中学校・高等学校卒業。身長175cm、体重70kg。血液型はA型。妻は声優の上田みゆき。所属事務所は長良マネジメント。現在は、長良グループ(株)ワン・ペアー。

本名および旧芸名(別名義)は佐々木 功(読み同じ)。活動内容によって「佐々木功」「ささきいさお」と名義を使い分けていた時期もあったが、現在は活動の区別なく平仮名表記の「ささきいさお」を用いている(詳細は後述)。

代表曲「宇宙戦艦ヤマト」「銀河鉄道999」などアニメソングで多くのヒット曲を持つことから「アニメソング界の大王」と呼ばれ、水木一郎・堀江美都子・大杉久美子とともに「アニメソング四天王」の一人に数えられている(省略)。

来歴
高校時代より歌手として活動。1960年、日本コロムビアより「本命はお前だ」(エルヴィス・プレスリーの日本語カバー曲)でロカビリー歌手としてデビュー。ささきの雰囲気がプレスリーに似ていたことから「和製プレスリー」のキャッチフレーズで売り出していた。

歌手業と並行して俳優活動もはじめ、1960年には映画『太陽の墓場』(大島渚監督作品)の主役に抜擢され、松竹映画専属俳優として映画デビューを果たす。1962年に『この先カーブあり』でテレビドラマ初出演。

1964年、クラウンレコードに移籍。俳優としても松竹ヌーヴェルヴァーグ路線で映画に数多く出演していたが、ヌーヴェルヴァーグ路線が終わり、ロカビリーブームも去ると、俳優活動・歌手活動ともに不遇の時代を迎える。この不遇の時期に島田敬穂(島田歌穂の父)から指導を受け歌唱・発声を基礎から学び直す。また俳優としても1967年から約10年間、金子信雄主宰の演劇人クラブ「マールイ」に参加し演劇の基礎を学ぶ。

1968年、エルヴィス・プレスリーの主演映画『燃える平原児』において、プレスリーの日本語吹き替えを担当。これ以降、声優としての活動も行うようになる。1969年、テレビドラマ『妖術武芸帳』で主演。

1972年、声優としてテレビアニメ『科学忍者隊ガッチャマン』にコンドルのジョー役を担当、アニメーション作品初出演。

1973年、テレビアニメ『新造人間キャシャーン』の主題歌歌手に抜擢。ささきいさおの芸名でアニメソング歌手とし
「ささきいさお」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月29日(土) 20:26UTC
公式サイト
公演レビュー
  • スーパー戦隊“魂”ⅩⅡ 2018 大阪

    今回で4回目のライブ 本当に楽しくて良かったです。 また、機会があれば行きたいなー。

    そいちゃん
  • 水木一郎

    え?あの曲をアニキが歌っていたのかってビックリした∑(゚Д゚) プロゴルファー猿の主題歌( ͡° ͜ʖ ͡°) とっても楽しかったライブでした

    ゆう1212
  • 水木一郎

    え?あの曲をアニキが歌っていたのかってビックリした∑(゚Д゚) プロゴルファー猿の主題歌( ͡° ͜ʖ ͡°) とっても楽しかったライブでした

    ゆう1212
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ささきいさお のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み