小山実稚恵(コヤマミチエ) のチケット情報

お気に入り登録する
小山実稚恵
(C)ND CHOW
小山 実稚恵(こやま みちえ、1959年5月3日 - )は、日本のクラシック音楽の女性ピアニスト。1982年 チャイコフスキー国際コンクール第3位(第1位該当なし)、1985年 ショパン国際ピアノコンクール第4位(第1位ブーニン、第2位ラフォレ、第3位ヤブヲンスキーで、女性では最高位)と、二大国際コンクールの両方に入賞した日本人で唯一のピアニスト。

人物・来歴
宮城県仙台市に生まれ、岩手県盛岡市で育つ。東京芸術大学卒、同大学院修了。6歳からピアノを始め、チャイコフスキー国際コンクールを受けた後に、ピアニストになることを志す。吉田見知子、田村宏に師事。海外の著名コンクールに入賞歴のあるピアニストにしては珍しく、海外への留学経験がない。ファリャ、ラフマニノフ、スクリャービン、ベルクなど。コンチェルトのレパートリーは60曲にも及び、国内外のオーケストラや著名指揮者とも数多く共演を重ねている。

国際コンクールの審査員としては、仙台国際音楽コンクール、第10回チャイコフスキー国際コンクール(1994年)、ロン=ティボー国際コンクール(2004年)、第16回ショパン国際ピアノコンクール(2010年)、ミュンヘン国際音楽コンクール(2014年)に参加している。

賞歴
*1982年 チャイコフスキー国際コンクール 第3位
*1985年 ショパン国際ピアノコンクール 第4位
*1986年 第12回日本ショパン協会賞受賞
*1994年 飛騨古川音楽奨励賞受賞
*2005年 文化庁芸術祭音楽部門大賞受賞
*2005年 第7回ホテルオークラ音楽賞受賞
*2013年 第43回 東燃ゼネラル音楽賞 受賞者
*2015年 第35回 NHK交響楽団「有馬賞」受賞者
*2015年 文化庁芸術祭音楽部門優秀賞受賞
*2017年 芸術選奨音楽部門文部科学大臣賞受賞
*2017年 紫綬褒章受章

ディスコグラフィ
*ショパン・コンクール・ライブ (1988年)
*アンコール (1989年3月21日)
*珠玉のショパン小作品集 (1989年6月21日)
*リスト&チャイコフスキー:ピアノ協奏曲第1番 (1990年7月21日)
*マイ・ベスト・アーティスト (1991年)
*ショパン:練習曲集 (1991年5月22日)
*シューマン:謝肉祭 / クライスレリアーナ (1992年3月25
「小山実稚恵」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月09日(火) 03:44UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 日本フィルハーモニー交響楽団

    広上淳一の指揮は、京都市SO.やN響を始め、どのオケを振っても素晴らしい!!。音楽が溌剌、生き生きとしている!!。今日のイギリスがテーマの選曲もベリ~グ~であった---特にハイドンの104番!!。Bravo~~~!!。

    シロクマヒロキクン
  • 小山実稚恵(p)

    数年前に仙台クラシックフェスティバルでラフマニノフの2番を聴いて以来の小山さんのコンサート。ベートーベンそして。という新たなシリーズを開始されたと知り、興味を持ちました。前半は101作目のベートーベン後期の作品。後半はシューベルトの作品集です。激しく、ときに滑らかに、美しい音色を紡ぎだす小山さんの演奏は圧巻。アンコール鳴りやまずでした。

    lucca
  • 小山実稚恵(p)/秋山和慶(指揮)/東京交響楽団

    お正月らしい楽曲で、良かったです。前々日に聴いた東フィルのニューイヤーコンサートと春の声と、アンコールのラデツキー行進曲がかぶってましたが、いかにも新年らしく明るくて良かったです。小山さんのピアノは若い辻井さんなどに比べるとタッチが柔らかく心地よい音色でした。お正月のコンサートは楽しいです。

    ぱんきちママ
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

小山実稚恵 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み