舘野泉(タテノイズミ) のチケット情報

お気に入り登録する
舘野泉
(C)武藤章
舘野 泉(たての いずみ、1936年11月10日 - )は、東京生まれのフィンランド在住のピアニスト。

人物・来歴
父舘野弘はチェリスト。母舘野光(小野光)はピアニスト。母方は、明治維新まで7代にわたって仙台藩の能楽を司っていた家系である。妻のマリア・ホロパイネンはフィンランド人のソプラノ歌手。息子のヤンネ舘野はヴァイオリニスト。弟の舘野英司はチェリスト。妹の鍋島晶子はヴァイオリニスト。晶子の長女の鍋島真理は音楽学者。末妹の広瀬悠子はピアニスト。

東京市目黒区自由が丘に生まれ育ち、戦災を避けて栃木県小山市間中に一家で疎開、敗戦を迎える。目黒区立緑ヶ丘小学校から慶應義塾普通部、慶應義塾高等学校を経て東京藝術大学音楽学部ピアノ科を首席で卒業した。ピアノはレオニード・コハンスキー、安川加寿子、豊増昇、イェルク・デームスに師事した。

1964年よりヘルシンキに在住し、シベリウスをはじめ、メリカント、マデトヤ、パルムグレン、カスキ、メラルティン、ラウタヴァーラ、コッコネン、ノルドグレンなど、フィンランドの近現代作曲家の作品に取り組み続けている。日本シベリウス協会会長を務める。

また、若い頃からセヴラックに惹かれ、自身のレパートリーに組み入れている。2002年には日本セヴラック協会を作り、顧問を務めている。

1968年、メシアン・コンクールで第2位。同年より国立シベリウス・アカデミーの教授を務めたが、1981年以来フィンランド政府より芸術家年金を与えられ、以降教職を退いて演奏活動に専念している。

2002年1月9日、フィンランド・タンペレでのリサイタル中に脳溢血で倒れ、その後遺症として右半身に麻痺が残る。リハビリを経ても右手が不自由のままであったが、2003年8月のオウルンサロ音楽祭で復帰を果たす。その中でスクリャービンやリパッティによる、左手のためのピアノ作品を演奏した。それをきっかけに、本格的にこの分野を開拓していこうと決意し、翌年には日本で左手のピアノ作品によるリサイタルを開き、マスコミにも大きくとりあげられた。以後、演奏会、録音ならびに新作委嘱などを通して、左手ピアノ曲の普及に努めている。

日本のクラシック音楽家で初めてファンクラブが設立された。

2012年、東燃ゼネラル音楽賞を受賞した。

著作
*「貨物列車」のピアニスト(東京音楽社、1986年; 1
「舘野泉」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月05日(火) 11:41UTC
公式サイト
公演レビュー
  • N響「夏」2014大阪公演

    3階バルコニー席で聴きました。 さすが、N響! 関西のオケだと強奏時にうるさく感じることもあったのですが、上品でまろやかな音色でした。 ラヴェルが特に素晴らしい演奏でした。

    あいらんど
  • N響「夏」2014

    モーツァルト/歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」序曲 軽やかなモーツァルトのオペラ序曲ですが、驚くほど速くてビックリ!弦楽器はスムーズにアクセントも少なく、とにかく速く弾きまくる。フルート、オーボエ、クラリネットが付いて行けない位です。指揮者は結構上体を揺らして指揮をしています。N響とは初めてで、ニュアンスを伝えるのに必死でしょうね。さあっと終わってしまいました。 モーツァルト/交響曲 第41番 ハ長調 K.551「ジュピター」 この曲も第一楽章から速い。弦楽器は全体に音が小さく聞こえます。淡々と弾いている感じ。木管楽器が対象的に、上体を大きく揺すって、必死に合わせています。第二楽章の緩徐楽章は、N響は音が揃っていて綺麗なまとまり。全体に、古典的な抑制的な演奏でした。 ラヴェル/左手のためのピアノ協奏曲 ニ長調、ピアノ舘野泉 さて、今日の最大の聞きどころ、ラヴェル=舘野のピアノ協奏曲です。やや右足を引きずるように歩いて登場。オーケストラはモーツァルトの倍くらいに人数になっています。最初の出だしは、コントラバスとバスクラリネットの不気味な演奏で始まります。段々と他の楽器が加わり、まるで朝日が出てくるような輝かしいオーケストラ。モーツァルトとは対照的です。引っ張られるように、煌びやかなピアノが鳴ります。さすがにお年で、切れ味は今ひとつ、時々、オーケストラとリズムが合わないのですが、左手だけでも凄い迫力!説得力のある演奏にビックリでした。 第二部のオーケストラとピアノの掛け合うような演奏も、オーケストラに引けを取らない駆け引きが見事。そして圧巻は第三部の長い長いカデンツァでした。音が澄んでいて綺麗で、滑らかにいつまでも続くような演奏に聞き惚れました。背筋がゾクっとする素晴らしさ、良かったです! ラヴェル/亡き王女のためのパヴァーヌ この曲も好きなんですよね。これまでと一変して、ゆっくりとしたテンポ、ホルンの甘い音色で、優しいメロディが演奏されると、ジワっと涙が出そうです。 ラヴェル/バレエ音楽「ラ・ヴァルス」 この曲もコントラバス、バスクラリネットで不気味に始まりますが、途中からまるで映画音楽のようなポピュラーなメロディ楽器が奏でられます。不気味な中低音、俗っぽいまでの甘いメロディ、時として神経を逆なでる不協和音。ちょっとグロテスクなまでのハイブリッドな演奏でした。

    絶間之助
  • 吉松隆 還暦コンサート 《鳥の響展》

    NHK大河ドラマ「平清盛」のテーマ曲とタルカスの生演奏がどうしても聴きたくて今回この演奏会に行って来ました。 吉松隆先生は清盛を通して初めて知ることとなったのですが、こんなに才能のある作曲家が日本にいらっしゃったとは思いもよりませんでした。 ちょうどこの演奏会の3日前に「平清盛ファイナルパーティ」が東大であったのですが、こちらに吉松先生がいらっしゃっていて、清盛のテーマ曲を書くまでのエピソード等をお話されていたのでより親近感が持てました。 さて、コンサートの方ですがなんと15:00からスタートし、終わったのがなんと18:50。4時間にも近い演奏会でした。3部構成になっていたのですが、どの部も最高に素晴らしくエキサイティングでした。特に2部の「サイバーバード協奏曲」「ドーリアン」は初めて聴いた曲ですが、斬新な曲に心震えました。3部はメインの清盛とタルカスですが、もう感激の一言でした。予想を超えた素晴らしい演奏で体全体で感動を味わいました。 今回はタルカスを作曲されたキースエマーソン氏も来日され、また吉松先生の還暦ということで、またとない演奏会で本当に行って良かったと思いました。また吉松先生の曲のフルオケの演奏会があったら是非出かけてみようと思います。

    markun
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

舘野泉 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み