矢部達哉(ヤベタツヤ) のチケット情報

お気に入り登録する
矢部達哉
(c)大窪道治
矢部 達哉(やべ たつや、1968年2月5日 - )は、日本のヴァイオリニスト。

人物・来歴
経歴
東京生まれ。

5歳より、鈴木鎮一才能教育でヴァイオリンを始め、1978年より江藤俊哉に師事。1989年、桐朋学園大学ディプロマコースを修了した。

同年、東京国際音楽コンクール室内楽部門優勝、齋藤秀雄賞、アサヒビール賞を受賞し、サイトウ・キネン・オーケストラに初参加。1990年、22歳で東京都交響楽団のソロ・コンサートマスターに就任する。

1993年、ジャパン・チェンバー・オーケストラのコンサートマスターに就任。1995年、第5回出光音楽賞を受賞。1996年5月、デビューCD「ソット・ヴォーチェ」をリリース。1996年、村松賞、第1回ホテルオークラ賞を受賞した。2004年4月、上野学園大学音楽・文化学部の教授に就任。

家族
* 妻:澤畑恵美(ソプラノ歌手)

演奏活動
ソリストとして、これまでに朝比奈隆、小澤征爾、若杉弘、フルネ、クレー、デプリースト、インバル、ベルティーニなどの指揮者と共演している。また、リサイタルでは、1999年~2000年にバッハの無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ全曲演奏会を行った。ピアニストの横山幸雄、田部京子らと共演を重ね、室内楽においてはムスティスラフ・ロストロポーヴィチ、ヨーヨー・マらと共演、Kitaraホールカルテット(1997-2007)、京都アルティ弦楽四重奏団の一員として活動している。

クラシック以外での活動
1997年、NHK連続テレビ小説「あぐり」のタイトル曲のソロ演奏を担当。1999年11月、江守徹が主催する言の葉コンサートシリーズで川端康成生誕100年記念「朗読とヴァイオリン演奏による川端康成の世界」に共演。2003年12月、NHKテレビ放送50周年記念ドラマ「川、いつか海へ」の音楽(岩代太郎作曲)演奏を担当。2004年、松本孝弘(B'z)が東京都交響楽団と共演したことをきっかけに、松本のCD「House Of Strings」に参加。

レコーディング
*ソット・ヴォーチェ(1996年5月、ソニークラシカル、ピアノ:若林顕)
:クライスラー:クープランの様式によるルイ13世の歌とパヴァーヌ
:クライスラー:フランクールの様式によるシチリアーノとリゴドン
:ラフマニノフ:ヴォカリーズ
:フォーレ:子
「矢部達哉」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年01月12日(土) 11:08UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 矢部達哉(vl)/横山幸雄(p)

    大変充実したコンサートだった。定番とも言えるポピュラーな演目を、誠実且つ余裕を持った演奏で聴衆を伊魅了した二人に喝采したい。二人のトークも楽しかった。矢部は安定した技巧。音色は特に柔らかな高音が美しい。横山も技巧は安定度抜群。曲の解釈も作為的な所が無く、それで言って聴衆の感情を「揺さぶる」巧みさもあった。二人とも音楽家として現在が「全盛時」と言って良いのではないか。

    中年のプーさん
  • ~3人の盟友ヴァイオリニストを迎えて~岩代太郎 生誕ほとんど50年記念コンサート

    ホールのロビーにはお花がズラリと並び、特にテレビ業界との繋がりが強いことが窺い知れる。 作曲者がフルオーケストラで自分の曲を指揮できる機会というのがどれくらいあるだろうか。とついつい考えてしまう。 The Arslan TVアニメーション「アルスラーン戦記」より 最初の曲は奇しくも公演の次の日から放映されるアニメのテーマ曲。 壮大な印象の音楽でアニメと切り離して音楽だけ聴いても楽しめた。 映画「血と骨」より「血と骨」組曲 全4楽章 一人目のヴァイオリニストは小林美恵さん。 超絶技巧をこらす作品ではないかもしれないが憂いのある艶やかな音色とオケの弦のみの美しい響きが素敵だった。 「Tammy In Love」のテーマによるプロローグ、フーガ、エピローグ 「黒部の太陽」より「Kトリロジー組曲」 全3楽章 休憩をはさんで竹澤恭子さんを迎えての2作品。 先日のメンコンから、また作風はがらりと変わるのだけれど、美しい響きと全身で歌うような演奏は素晴らしかった。 Soul Mate 6月に公開される「愛を積む人」よりこちら。 この曲は岩代さんの実母と義母の2人を想いながら作曲されたもので、映画でも出てこない、つまりはこのば限りの作品であることが知らされた。 とても優しくて少し哀しい音楽がすごく素敵だった。 「あぐり」より「あぐり」組曲 全4楽章 最後はこちら。 あぐりは、リアルタイムで見てはいないのだけれど、素敵な作品だった。 矢部さんは昨日のシュニトケとベートーヴェンとは、全然違う作品だけれど本当に美しかった。 おそらく、フルオーケストラでソリストをされる矢部さんの演奏を聴いたのは初めてだと思う。 客同士でも繋がりのある方が多かったのか、終演後もロビーのあちらこちらで、歓談している人達で賑わっていた。

    Emilie
  • コンサートマスターの饗演 Vol.3

    何とも豪華なこの演奏会。 都響はよく聴きにいくので矢部さんと四方さんが素晴らしいのは知っていたけれど、江口さん、伊藤さんも非常によく響く美しい音色を聴かせて下さった。 矢部さん、伊藤さんは黒いシャツに黒いパンツ、四方さん、江口さんはオフホワイトのパンツに茶色のトップスの四方さんに、薄紫のトップスの江口さん。 ピアノの諸田さんはクリーム色のドレス。 男性陣が黒、女性陣がオフホワイト! という感じで見た目にも素敵だった。 どの曲も楽しく聴けたけれど、バッハはきちんと様式を踏まえた上での軽やかさ。 ショスタコーヴィチは楽しい5曲。5曲目のポルカはボリショイのレパートリーの「明るい小川」から。やはり、良い曲だなと改めて思った。 後半はオネゲルとルクレールが個人的には好きだった。 そしてそして、ラストのヴィヴァルディは圧巻。 歌い上げる音楽ってこういうものを言うのだろうなと勝手に想像した。

    Emilie
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

矢部達哉 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み