横山幸雄(ヨコヤマユキオ) のチケット情報

お気に入り登録する
横山幸雄
(C)アールアンフィニ
横山 幸雄(よこやま ゆきお、1971年2月19日 - )は、日本のピアニスト。エリザベト音楽大学客員教授。元上野学園大学教授。東京都三鷹市出身。

略歴
* 1984年 - 全日本学生音楽コンクール・ピアノ部門中学校の部で第1位。
* 1987年 - 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校在学中にパリ国立高等音楽院にフランス政府給費留学生として留学。ジャック・ルヴィエ、ヴラド・ペルルミュテール、パスカル・ドヴァイヨンに師事。
* 1989年 - 第41回ブゾーニ国際ピアノコンクール第5位。
* 1989年 - ロン=ティボー国際コンクールピアノ部門第3位。
* 1990年 - パリ国立高等音楽院卒業
* 1990年 - 第12回ショパン国際ピアノコンクールにて第3位およびソナタ賞を受賞。
* 1993年 - 横浜文化賞奨励賞受賞
* 1999年 - 文化庁芸術選奨新人賞(音楽部門)受賞
* 2000年 - ライブCD「ベートーヴェン12会/1998~1999」が第55回文化庁芸術祭レコード部門優秀賞を受賞。モービル音楽賞(奨励賞)受賞。
* 2003年 - 上野学園大学教授 (~2017年3月13日)、エリザベト音楽大学客員教授に就任。
* 2010年5月4日 - ショパンの全166曲を16時間弱かけて弾き通し、ギネス・ワールド・レコーズの「24時間でもっとも多い曲数を1人で弾いたアーティスト」に認定される。
* 2011年5月3日~5月4日 - 未発表曲を含め、確認されているショパンの全ての独奏曲212曲を約18時間かけて暗譜で弾き通し、自身が持つ「24時間でもっとも多い曲数を1人で弾いたアーティスト」のギネス記録を更新。

その他
* ワインに造詣が深く、ワインエキスパートの資格を持っている。また、2007年3月に「リストランテG」(渋谷)、同6月に「リストランテ キメラ」(祇園)の2店のイタリアレストランをオープンしている。「リストランテG」は2013年1月12日に閉店し、渋谷区内に移転して2013年2月7日「リストランテ ペガソ」として営業を再開している。

外部リンク
* 横山 幸雄 ピアノ

脚注
注釈

出典

(省略)

(省略)
「横山幸雄」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2018年11月29日(木) 14:44UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 山中伸弥所長を応援しよう! iPS細胞研究基金チャリティコンサート

    とても素敵なコンサートでした。 山中先生の素敵なお話。短い時間でしたが、大切な内容が詰め込まれて、年代を生きる示唆としてインプットしました。 ウィット有り、笑いあり、最後はハッピーバースデイを山中先生の輝く笑顔にお祝い出来て、満席の皆様もハッピーになりました。 ずっと長く応援していきたいとおもいました。 最高なアーティストの演奏もブラボー!! 音楽は人の心をつなげるパワーがありますので、これからもこんな素敵なコンサートがあれば、IPSの医療に応援出来のる輪が広がります。

    mokuren
  • 山中伸弥所長を応援しよう! iPS細胞研究基金チャリティコンサートの印象

    9月3日の夜、山中伸弥所長を応援しよう!と題された表題のコンサートがサントリーホールで開かれ、妻と参加した。午後7時かっきりに司会の辰巳拓郎さんが登場。60過ぎとのことだが、ユーモアたっぷりの司会に好感が持てた。山中さんとは中学高校が同じで4年先輩とのこと。次いでこの会を実行に移した児玉圭司理事長が挨拶。そして、山中さんが登場。京都大学iPS細胞研究所は600名の人員を抱え、財政的にかなり大変であること、iPS細胞は目の疾患、パーキンソン病(脳の疾患)、がんを主な対象として研究が進められており、目の疾患に関しては臨床試験に入っており、その他も追々臨床試験へと進んでいくとの説明が滔々となされ、山中さんから直接聞くとその重要性がひしひしと感じられた。そして、本日のコンサートが始まった。まずは、川合郁子さんのヴァイオリン演奏。エルガーの愛の挨拶、モンティのチャールダーシュ、ピアソラのリベルタンゴの3曲。靴を鳴らして踊るように弾く姿は何とも妖艶で見ていて楽しかった。ピアノ伴奏は横山幸雄さんでその軽妙さを引き立てていた。。次いで、宮田大さんのチェロと横山幸雄さんのピアノでベートーベンのチェロソナタ第3番。重々しくしかも唄うところは優雅に生演奏の素晴らしさを満喫させてくれた。ピアノも主役と伴奏部分のメリハリがしっかりしていていた。休憩を挟んで、横山幸雄さんのベートーベンのピアノ協奏曲第5番が演奏された。オーケストラは濱一指揮KODAMA国際教育財団記念オーケストラ。プロとアマの混成のオーケストラで、決して上手とは言い難いが、何よりも一生懸命演奏しているのが好感持てた。横山幸雄さんの演奏はテクニックが素晴らしかったが、欲を言えばもう少し丁寧に弾いて欲しいところが多々あった。これで演奏が終わりかと思いきや、サプライズがあった。何と小林沙羅さんが登場し、プッチーニの蝶々夫人からある晴れた日を歌ってくれたのである。伸びやかな声が館内を覆い尽し、実に華やかであった。山中伸弥さんをはじめ皆コシノジュンコさんのデザインした衣装を着けており、それだけでも楽しむことができた。最後に、その翌日が山中伸弥さんの誕生日ということで、Happy Birthday to youを、まずは小林沙羅さんが歌い、次いで会場の皆の大合唱となった。こういう音楽会もいいものだなとの印象を胸に帰途についた。

    松尾 仁
  • 山中伸弥所長を応援しよう! iPS細胞研究基金チャリティコンサート

    とても有意義な素晴らしいコンサートでした!山中伸弥教授のお人柄が良くわかる楽しいスピーチに続き、一流のソリストによる素晴らしい演奏やピアノコンチェルト。特に横山さんは最初から最後まで伴奏やコンチェルトで大活躍でした!凄いです!このようなチャリティーコンサートならまた行きたいです。iPS細胞研究これからも頑張ってください。

    ker@ker@
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

横山幸雄 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み