上妻宏光(アガツマヒロミツ) のチケット情報

お気に入り登録する
上妻宏光
上妻 宏光(あがつま ひろみつ、1973年7月27日 - )は、日本の津軽三味線奏者(本人は『三味線プレイヤー』と称する)。茨城県日立市出身。

古典曲の独奏に限らず、民謡伴奏や洋楽とのセッションおよび作曲においても高い評価を得ており、木乃下真市と双璧をなす若手第一人者とされる。

来歴
趣味で三味線を弾く父親の元で育ち、6歳より茨城県日立市の佐々木光義に入門して津軽三味線を学ぶ。

1989年、15歳10ヶ月で全日本津軽三味線競技大会(青森県北津軽郡金木町、現・五所川原市)において同大会史上最年少優勝。中学卒業後に上京(堀越高等学校入学)、ロックバンド六三四Musashiに加入するなどの活動を続けて腕を磨き、1995年および1996年の津軽三味線全国大会(青森県弘前市)で2連覇を果たす。

津軽三味線全国大会では課題曲を「津軽民謡」と定めているが、出場者のほぼ全員が、最も技巧に富み技量を誇示しやすい津軽じょんから節を選択する。しかし上妻は、2連覇時の1996年と3連覇のかかった翌年に、じょんから節に較べて地味で、五大民謡中最大の難曲とされる「津軽よされ節」でただひとり出場。「四枚撥」と呼ばれる高度な技を織り込みつつ、圧倒的な完成度で見事に優勝した。翌年も三連覇を懸けて津軽よされ節で挑むが、踊正太郎に阻まれ、三連覇は成らなかった。この審査結果には批判もあり、弘前の「津軽三味線全国大会」が特定流派のための大会だと揶揄される一因ともなる。なお、上妻以降、津軽じょんから節以外の楽曲を演奏してコンクールで優勝した者はいない。

上妻は常々、この「津軽よされ節」に対する強い思い入れを語っており、コンサートなどのMCで時折触れることがある。

人物
非常に謙虚な人物として知られ、先輩を立て、後輩を思いやる姿勢が評価されている。

木乃下真市や福士豊秋と交流が深く、ステージでの交流も数多い。特に木乃下については、「自分が日本一上手い」と思いこんでいた小学生時代、民謡酒場で木乃下の演奏を聴いて打ちのめされたという内容をインタビューで残している。

六三四Musashiの後継三味線奏者である西はじめ、弟弟子である廣原武美には、ソロデビュー前から彼らの兄貴分としての付き合いがある。

一方で、木乃下真市同様、中学校から高校時代はかなりのやんちゃ坊主だったとも語っている。

ディスコグラ
「上妻宏光」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月19日(火) 05:11UTC
公式サイト
公演レビュー
  • 上妻宏光

    1.お喋りが長すぎて不満、もっと演奏に注力して欲しい 2.上妻の三味線を期待して行ったが、歌が主力で伴奏に終始、本来津軽三味線の魅力を聴くために行ったが、今回は期待外れ。

    hibiarata
  • 上妻宏光コンサート 和心伝心

    上妻さん他競演した方々、皆さんとても素敵でした。 ただ、スタッフのセッティングがイマイチで、特に上妻さんの周りでセットする女性の方が、上妻さんのMCを邪魔していて、こちらもとても目障りでした。しかも、ふくよかな方で客席にお尻を向けて作業して、あまり気持ちの良いものではなかったです。裏方ならば裏方なりの控えめさが必要かと思いました。あんなに堂々とセッティングしている人は、今まで、かなりの数のコンサートに行ってますが初めてです。

    theorychie
  • 上妻宏光

    いろいろなゲストとの演奏を聴くのは初めてじゃないですが、今まで以上に縁が薄かったゲストと演奏するために上妻さんが作曲して、準備してという工夫・苦労が垣間見えるステージでした。テーマに沿った選曲・演奏だとは思いましたが、客層は上妻さんのファンが少なく、盛り上がりに欠けていたと思います。ともあれ面白いステージでした。

    reguchi
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

上妻宏光 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み