パナソニックパンサーズ(PANASONIC PANTHERS) /Vリーグ男子 のチケット情報

お気に入り登録する
パナソニックパンサーズ
パナソニック・パンサーズは、大阪府枚方市を本拠地とするパナソニック男子バレーボールチーム。旧チーム名は「松下電器・パナソニックパンサーズ」(まつしたでんき・パナソニックパンサーズ)。2018年7月現在、V.LEAGUE Division1(V1リーグ)に所属している。

概要
1951年に松下電器産業(現・パナソニック)社内で発足。日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)に第1回大会から参加。

チーム名は、Panther(豹)にPanasonicの最初の3文字をかけていて、また、獲物を狙う豹のような精悍で敏捷なプレーとボールがコートを駆け抜ける様を表現している。

練習場は大阪府枚方市のパナソニックアリーナ(旧 松下電器体育館)であり、見学が一部可能である。そこでV・プレミアリーグのホームゲームが開催されることもある。ホームゲームはほかに、サブホームタウンである交野市のいきいきランド交野や京都市の京都府立体育館などでも開催される。

「パンサーズジュニア」という、小学3年生から中学2年生の男子を対象としたジュニアチームがある。

獲得した全国タイトル計32回は、堺ブレイザーズに次ぐ歴代第2位である。

歴史
1951年にチーム設立。松下電器産業(現・パナソニック)社内のバレーボール好きが集まって大阪府の大会に出場するようになったのをきっかけである。1953年の全日本実業団選手権で全国デビュー。1956年の全日本総合選手権で初タイトル獲得。1964年には都市対抗(黒鷲旗)、全日本総合、国体、全日本実業団選手権の4冠独占を達成した。

1967年より日本リーグ(現・Vプレミアリーグ)に第1回大会から参加し、常に優勝争いに参加しながら4大会連続の準優勝。1971年の第5回大会で念願の初優勝を飾る。当時は平岡哲男監督の下、木村憲治、野口泰弘、横田忠義らの各選手が活躍。

その後チームは低迷の一途をたどり実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)に3度降格するなど苦しい時期が続いていた。(1983年の日本リーグ第17回大会では3位に入った)

1992年に日本リーグへ1年で復帰した際にチーム名を「松下電器・パナソニックパンサーズ」と命名した。

2002/03Vリーグ(現・Vプレミアリーグ)で元新日鉄(現・堺)ブレイザーズ)の真鍋政義の入団や全日本の山本隆弘、ブロック賞の北川祐介の活
「パナソニック・パンサーズ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月16日(日) 08:43UTC
公式サイト
公演レビュー
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

パナソニックパンサーズ のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み