ウルフドッグス名古屋(ウルフドッグスナゴヤ) /Vリーグ男子 のチケット情報

お気に入り登録する
ウルフドッグス名古屋
豊田合成トレフェルサ(とよだごうせいトレフェルサ)は、愛知県稲沢市に本拠地を置くバレーボールチームである。2018年7月現在、V.LEAGUE Division1(V1リーグ)に所属している。

概要
チームは、1961年に名古屋ゴム(現・豊田合成)社内のバレーボール愛好家が集まって9人制バレーボールを創部したのが始まりで、1981年に6人制となり現在に至る。

チーム名のトレフェルサ(Trefuerza)はTre(イタリア語で「3つ」の意味)とFuerza(スペイン語で「力」の意味)を合わせた造語であり、3つの力、知力、体力、気力を表している。チームキャラクターは「トレフェルサ君」と「パーリオ」と「ベローナ」であり、パーリオ(Pario)とはイタリア語で「勝利者の証」の意味でベローナ(Bellona)とはイタリア語で「戦いの女神」の意味である。

ホームタウンは愛知県稲沢市。練習場は稲沢市内の豊田合成健康管理センターであり、練習見学も一部可能である。

ファンクラブ、公式Twitter、Facebookなど一般ファン向けのコンテンツも設立している。

小学4年生から中学2年生の男子を対象としたジュニアチーム『豊田合成ジュニアトレフェルサ』があり、高校のバレーボール大会(豊田合成トレフェルサ杯)を開催するなど、学生年代の競技力向上も目指している。

歴史
1961年に社内バレーボール愛好家が集まって9人制バレー部を創部した。当時は体育館がなく、独身寮の中庭にコートを仮設して練習したという。

1981年に6人制に切り替え、会社の強化クラブに位置づけられ、優秀な大学生のスカウトをはじめ本格的な強化が始まった。1984年に地域リーグに昇格。その後、実業団リーグ(現・Vチャレンジリーグ)を目指すも、なかなか昇格できずにいた。地域リーグ在籍10年で、1993年にようやく実業団リーグに昇格する。

実業団リーグでは勝ち星に恵まれず下位に低迷し続け、第25回大会(1993/94シーズン)と第28回大会で最下位での降格を味わうが、夏の全国大会優勝もあり、廃部チームが出たことによる繰り上げ昇格で即座の復帰となっていた。1997年に、休部となった日新製鋼ドルフィンズから元全日本セッター・松田明彦と、多田幹世、澤井亨が入団し、急速にチームの建て直しが進められた。第29回実業団リーグ(1
「豊田合成トレフェルサ」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年06月16日(日) 08:43UTC
公式サイト
公演レビュー
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ウルフドッグス名古屋 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み