埼玉ブロンコス(サイタマブロンコス, SAITAMA BRONCOS) /B3リーグ のチケット情報

お気に入り登録する
埼玉ブロンコス(さいたまブロンコス、(省略))は、埼玉県所沢市とさいたま市を中心とした埼玉県全土をホームタウンとするB3.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチームである。
概要
運営会社は株式会社埼玉ブロンコス。2005-06シーズンよりトップリーグ(bjリーグ→B.LEAGUE)に参戦している。

チーム名の意味
*「ブロンコス」は「暴れ馬」と言う意味を持つ。埼玉ブロンコスの前身にあたるマツダオート東京バスケットボール部創部2年目の1983年、サンタクララ大学のコーチだったランダから同大学チームのニックネームを寄贈されたことによる。

チームカラー
* チームカラーはグリーン。

ホームアリーナ
メインとなるホームアリーナは所沢市民体育館。ホームゲームは所沢以外の埼玉県内各地でも数十試合行う。

(省略)

スポンサー
(省略)

歴史
マツダオート東京 - アンフィニ東京
元母体は澤田司監督率いるマツダオート東京(のちに1991年からアンフィニ東京に社名変更。現・関東マツダ)のバスケットボール部。1982年に結成し、東京都を拠点に活動を続けた。

同年、群馬国体出場。翌1984年に全日本実業団で決勝まで進み、当時愛知県リーグに降格していたトヨタ自動車に敗れたものの準優勝で旧・日本リーグ2部昇格を果たす。創部1年11ヶ月で日本リーグ2部昇格は日本協会における最速記録である。

1986年に2部昇格後2年9ヶ月という最速記録で1部昇格を決める。初昇格の1987年から1部に定着したが、最高成績は1987 - 1988年度の6位で、下位争いがやっと。

だが、1992年にはオールジャパン準優勝を果たしており、初出場決勝戦進出は49年ぶりの快挙であった。また、対野村證券戦で挙げた261-34はギネスブックに記載されている。

不況の影響に加え2部降格決定も重なり1996年を最後に廃部。

クラブ化後
廃止された実業団チーム「アンフィニ東京ブロンコス」が、市民の根強い応援により当時の広報で現GMの成田俊彦の発案で市民資本のクラブチームとして再スタートを切る。アンフィニ時代に加盟していた東京実業団連盟は、チーム始動時には既に登録申請を締め切られていた。だが埼玉実業団連盟の登録期限前だったのと、所沢でホームゲームを開催した経験もあって所沢を本拠地と定め、チーム名を「ME
「埼玉ブロンコス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月22日(月) 09:33UTC
公式サイト
公演レビュー

全0件を見る

まだレビューがありません レビューを投稿する

アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

埼玉ブロンコス のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み