ルネ・フレミング(RENEE FLEMING) のチケット情報

お気に入り登録する
ルネ・フレミング(Renée Fleming, 1959年2月14日 - )は、アメリカ合衆国のソプラノ歌手。当代随一のソプラノと評される。

フレミングのレパートリーはリヒャルト・シュトラウス、モーツァルト、ヘンデル、ベルカント、ドイツ歌曲、フランスのオペラ曲やシャンソン、ジャズ、インディーズ・ロックなどを網羅している。その声質は完全なリリック・ソプラノである。これまでに、コロラトゥーラ(技巧的旋律)やリリコ(叙情的旋律)、そしてスピントなどの配役を、自分の母国語である英語の他、イタリア語、ドイツ語、フランス語、チェコ語、ロシア語などで演じている。フレミングは、流暢なドイツ語とフランス語を話す。その他に、限られてはいるがイタリア語も話す。彼女の特徴が活かされている役としては、モーツァルトの「フィガロの結婚」でのアルマヴィーヴァ伯爵夫人、ヴェルディの「オテロ」のデズデモーナ、ヴェルディの「ラ・トラヴィアータ」でのヴィオレッタ、ドヴォルザークの「ルサルカ」のタイトル・ロール、マスネの「マノン」のタイトル・ロール、マスネの「タイス」のタイトル・ロール、リヒャルト・シュトラウスの「アラベラ」のタイトル・ロール、「ばらの騎士」での元帥夫人マリー・テレーズ、「カプリッチョ」の伯爵夫人などが挙げられる。

国家芸術勲章とリチャード・タッカー賞の受賞者でもあり、フレミングは世界中のオペラ・ハウスやコンサート・ホールに定期的に出演している。2008年には、スウェーデン北極星音楽賞が長年の彼女の音楽への貢献に対して授与されている。フレミングは、シカゴのリリック・オペラのクリエイティヴ・コンサルタントを務めている。

指揮者のサー・ゲオルク・ショルティは、フレミングのことを、「私の長い人生において、ここまでの水準の高さのソプラノ歌手には二人しか出会っていない。(一人はフレミングで、)もう一人とは、レナータ・テバルディのことだ」と述べている。

幼少期と教育
二人の音楽教師の娘として、フレミングは1959年2月14日にペンシルベニア州インディアナに生まれる。その後、ニューヨーク州ロチェスターで育つ。曾祖父母はプラハで生まれ、後にアメリカに移民としてやってきた人達であった。フレミングはチャーチヴィル・チリ・ハイスクールに通った。

フレミングはニューヨーク州立大学ポツダムのクレイン音楽学校
「ルネ・フレミング」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月31日(日) 03:42UTC
公式サイト
公演レビュー
  • プラシド・ドミンゴ/ルネ・フレミング

    ドミンゴさんのグラナダ、最高でした。美智子皇后陛下もサプライズでお越しになり、本当に素晴らしいコンサートでした。やはり世界のドミンゴと感嘆しました!ありがとうドミンゴ様!

    ルイ・ロデレール
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

ルネ・フレミング のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み