熊川哲也 Kバレエ カンパニー(クマカワテツヤケーバレエカンパニー, K BALLET COMPANY) のチケット情報

お気に入り登録する
Kバレエ カンパニー (けいバレエ -、K-BALLET COMPANY) は、世界的バレエダンサーである熊川哲也が主宰し東京都文京区に本拠を置くバレエ団。1999年創立。熊川が芸術監督を務める。名誉総裁はA・ダウエル。

F・アシュトン、G・バランシンやR・プティの振付作品や熊川自身の新演出よる古典バレエ、オリジナルの振付作品など、高いレベルのダンサーと世界的デザイナーとのコラボによる舞台美術・衣装など評価が高く、バレエ公演は国内でも突出した集客を誇っている。所属するダンサーは約80名、年間の総公演数は約50回。

概要
沿革
1996年、熊川が当時所属していた英国ロイヤル・バレエ団の夏期休暇中に、"Made in London" と称するバレエ公演を日本でおこなったのを発端とする。シーズン休暇中、当時の同僚10名と共に新作と古典の小品の交えた舞台を上演した。この企画は1998年まで毎夏続けられた。

1998年9月、熊川がロイヤル・バレエ団からの退団を発表。程なくして、同じく熊川の同僚であった5人の男性舞踊手も退団。翌1999年1月、熊川が旗振り役となり6人を基幹とする新たなバレエ団、「Kバレエ カンパニー」の結成が発表された。

結成時のメンバーは、熊川と上記5人のほか、オーディションで選ばれた日本人女性のコール・ド・バレエ、客演者として現役のロイヤルの女性プリンシパルと第一ソリスト数名で、総勢26名だった。英国在住者が中心のため拠点をロンドンに置き、民放のTBSテレビが日本に招聘するという形でビジネスパートナーとして提携。欧州での公演も行い、日本は巡演の一部と位置づけられていた。初年度は外部の振付家に委嘱して作ったコンテンポラリー作品や古典の楽曲による新振付の小品を出し物とし、日本国内では春・冬の2度の巡演でそれぞれ約20日間の公演をおこなった。

2001年11月、谷桃子バレエ団の協力を得て、全幕物 『ジゼル』 を上演した。以後、古典の全幕物を熊川が再振付・再演出し、毎年1作の割合でレパートリーに加えられていく、近年では完全オリジナルの新作グランドバレエも発表している。2002年9月、本拠地を文京区小石川に移して名実ともに日本のバレエ団となった。

TBSテレビとはビジネスパートナーを継続し、1シーズンごとに2度の国内ツアー、季節ごとの短期公演など旗揚げ公
「Kバレエカンパニー」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年08月17日(土) 08:37UTC
公式サイト
公演レビュー
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

熊川哲也 Kバレエ カンパニー のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み