杉田二郎(スギタジロウ) のチケット情報

お気に入り登録する
杉田 二郎(すぎた じろう、1946年11月2日 - )は、日本の歌手、宗教家。所属事務所はアップフロントクリエイト。

来歴
京都府京都市出身。立命館高等学校を経て、1969年立命館大学文学部日本文学科卒業。実家は京都の金光教島原教会で、現在金光教島原教会副教会長。金光教関係での音楽活動も行っている。

1967年、アマチュアバンド「ジローズ(第1次)」(メンバーは杉田二郎(リーダー)、塩見大治郎、細原徹次郎)を結成。

1968年、ラジオ『ヤングタウン』の「今月の歌」に取り上げられたオリジナル曲『あなただけに』が好評を博し、ラジオ放送用のテープが東芝音楽工業からシングルレコードとして8月1日、発売される。同年8月9日 - 11日、京都・山崎「宝寺(宝積寺)」で開催された第3回関西フォークキャンプに参加。『あなただけに』を後にはしだのりひことシューベルツでともに活動する越智友嗣(おちゆうじ)と披露した。

その2ヵ月後に第1次ジローズは解散。その後、ザ・フォーク・クルセダーズの解散を控えた北山修から「京都のフォークのエネルギーを絶やしたくない」と、はしだのりひこ(端田宣彦)の新しいバンドへの加入を要請され、ザ・ヴァニティーで活動していた越智と井上博を加え、「はしだのりひことシューベルツ」を結成、リードギターとボーカルを担当。1970年には森下次郎とともに「ジローズ(第2次)」を結成し、『戦争を知らない子供たち』が大ヒットした。

1972年からはソロ活動を開始。ソロ作品のヒット曲には『男どうし』、『ANAK (息子)』(1978年)などがある。2002年には、元ふきのとうの細坪基佳と「座・ジローズ」を新結成した。

また、北山修の歌詞を非常に気に入っており、自らのターニング・ポイントでは事あるごとに北山に作詞を頼んだという(2010年3月8日の『きたやまおさむのレクチャー&ミュージック』より)。なお、歌手活動再開時に北山に依頼した『男どうし』では曲終盤のカウントと手拍子を北山が担当している。

オフコースは、下積み時代に彼のバックバンドを務めていた。

2014年、堀内孝雄・ばんばひろふみ・高山厳・因幡晃とブラザーズ5を結成。

主な受賞歴
*日本レコード大賞企画賞(1992年)

ディスコグラフィー
シングル
*愛の世界 / あなただけに(東芝音楽工業、EP-1
「杉田二郎」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年02月01日(金) 06:54UTC
公式サイト
公演レビュー
  • きたやまおさむ/杉田二郎

    杉田二郎さんのファンで、北山さんはライヴで見たことはなかったので友人と参戦。もう、想像以上に楽しくて、楽しくて!!北山さんは「また50年後に」と言っていたけど、毎年恒例にしてほしいくらいです。 何年か前にじろちゃんのステージを見て、声が出ていなくて、本当にショックを受けたけど、今回は元のじろちゃんの声に戻っていてとっても良かったです。 また是非お願いします。

    まちゃよひめ
  • きたやまおさむ/杉田二郎

    私は1952年(昭和27年)2月生まれの67歳の女性です。 フォーククルセダーズが活躍し始めた1967年の時、都立高校1年生でした。 大学受験のために深夜にラジオのDJ放送を聴きながら、毎晩勉強していました。 ビートルズ始め海外のロックやフォークなどを聴いて、日本のアーティストは フォーククルセダーズの歌を楽しみました。 私の両親はそれぞれ第二次大戦で大変な苦労を重ねて、鬱病や神経症を病み、 その中で生まれた私も大変苦しんで生きてきたので、北山修さんと直接お会いしたいと 念願していました。今年の春、北山修さんの消息を知りたくて、ネット検索をかけたら、 偶然に8月9日のなかのZEROホールでのコンサートの案内ホームページを見つけて、 すぐに私ひとりのチケットをぴあで購入しました。 行って本当に良かったです。 北山修さんが髪が白くなったこと以外は、フォークル時代と変わらなくて、 洒落た冗談をたくさん言って笑わせる一方で、常に頭の中は悩みと闘っている雰囲気で、 思っていた通りの人だと思いました。 白井貴子さんが「北山先生は、私が固定観念に縛られていると、反対側から考えてみたら? 或いは別の方向から考えてみたら?と問いかけてくださって、すごく考え方を変えて頂けました」と ステージ上で興奮気味に私たちファンに話してくれました。 固定観念に縛られてバラバラの価値観を持っている人々が、現実社会に大勢いて、 そのために格差社会が益々広がっていると、私は痛感しているので、 北山修さんが身近な方たちに、大切な考え方を教えてくださって、 それが多くの人にドンドン広がっていけば良いと強く願っています。 杉田二郎さんの歌声が50年前とちっとも変わらない見事な歌声で、 特に『戦争を知らない子供たち』を50年間ずっと、テレビでもコンサートでも 歌い続けてくださっていることに、深く感謝しています。 これからも、北山修さんと杉田二郎さんが、東京都心のステージで コンサートを開いてくださいますよう、切に願っています。

    デミ
  • きたやまおさむ/杉田二郎

    フォーククルセダーズ シューベルツ ジローズが前面に出ていて、懐かしく感動があった。

    uzura
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

杉田二郎 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み