NANIWA EXPRESS(ナニワエキスプレス) のチケット情報

お気に入り登録する
NANIWA EXPRESS
ナニワエキスプレスは、日本のフュージョンバンド。1982年デビュー、1986年解散。

1980年当時は上方フュージョンともいわれ、ライブパフォーマンスで人気を獲得した。解散後、2002年より活動を再開、2003年には18年振りのアルバム『life of music』を、2004年には『THIS IS IT!』を発売。英語表記はCBS/SONY契約時は浪花エクスプレスまたはNANIWA EXPRESS。再結成後はNANIWA EXP、2014年の青柳誠の復帰以降、青柳を含む5名編成の場合はNANIWA EXPRESSとされている。仮名表記はナニワエキスプレス。

メンバー
* 清水興(Bass) - 1956年12月13日 - 、島根県出身。
* 岩見和彦(Gt) - 1956年5月25日 - 、和歌山県出身。
* 中村建治(Key) -1956年1月1日 - 、京都府出身。
* 東原力哉(Dr) - 1956年7月19日 - 、香川県出身。
*青柳誠(Pf,Sax) - 1961年3月17日 - 、京都府出身。

バイオグラフィー
* 1977年、清水興・岩見和彦・鎌田清(Dr)らで結成。
* 1978年、ライブ活動を開始。1ヵ月後に中村建治が加入。
* 1979年、メンバー全員で渡米。帰国後、大阪・心斎橋のJAZZ喫茶の老舗「DUKE」にレギュラー出演。
* 1981年、東原力哉・青柳誠が加入。
* 1982年、CBS/SONY(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)よりデビュー。
* 1983年、年間160本以上のライヴをこなし、ライヴ・バンドの体制を確立させる。
* 1984年、日野皓正らと初の日本武道館公演。30台のカラーモニターとライヴをシンクさせたSONY BETA Hi-fi Collage Tourを敢行。
* 1985年、阪神タイガース21年ぶりにリーグ優勝の日(10月16日)、試合の行われていた神宮球場に隣接する日本青年館でコンサート。
* 1986年、大阪・バナナホールで行われた終夜ライブを最後に解散。後に「バーニング・アウト」のバンド名で活動するもわずか2ヵ月で活動休止。
* 2000年、限定復活によるツアーを敢行。
* 2002年、完全復活。レコーディング開始。
* 2003年、18年振りのアルバム「life of music」発売
「ナニワエキスプレス」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年07月19日(金) 19:34UTC
公式サイト
公演レビュー
  • CROSSOVER JAPAN 2017

     高中さんのファンです。彼の演奏だけでも良かったのですが、たまには他のFusionも聴いてみようと思い、このコンサートに行きました。結果としては・・・うーん・・・。結局、他のバンドには興味が持てず、高中さんだけで良かったなと。その上、トリの高中さんまでがコンサート開始以降3時間もかかったので、退屈で退屈で。あと、時間が押していることもあったのでしょうが、アンコールを一切受け付けないというのもいかがなものかと。興醒めでした。  さらには、会場の不備も。中休みが3度あったにも関わらず、ドリンクや軽食の販売が全くなかったのです。暑い日で、なおかつ長丁場。観客は皆、喉が渇いていたと思います。その傍ら、DVDやCDなど物品販売だけはやたらと熱心で。何だかもの凄くちぐはぐでした。3度目、最後の中休みでやっと自動販売機を見つけたのですが、それもほんの偶然。会場の端っこだったからです。案内も何も無し。観客のことを一切考えない運営に、正直、腹が立ちました。

    怪獣
  • NANIWA EXPRESS

    客は当時NANIWAのライブを見て青春を過ごしたのであろう、(自分も含め)40代~50代といった客層でした。圧倒的に男性が多かったですね。 メンバーももうそろそろ還暦になろうかという歳ですが、昔と変わらないパワー、グルーブ、そして美しい旋律、素晴らしいです。 めちゃめちゃ楽しかった。 50歳近くなった自分も、今からまだやれるかな?と思わせてくれるような、そんなすばらしく輝いている5人のおじさんたちでした。 今回、往年のNANIWAのファンとしてうれしかったのは、青柳誠さんが戻ってきたこと。 また来年、再来年も、是非やってほしいです。

    ふぉでらー711
  • LIVE IN TOKYO CROSSOVER NIGHT

    コンサートのトップバッターだった 『CASIOPEA 3rd』。 初っ端からPAオフだったため、完全に気勢を削がれましたね。 オジサン世代のメジャーな曲を演ってくれましたが、 もう少し落ち着いた渋めの曲を演ってほしかったです。 「大高さんが入って新境地を見出した」 という意見も多いようですが、 「オルガンの大音量を聞かされてもね」 という感覚でした。 それにくらべて、 聴かせてくれたのが 『渡辺香津美』 でした。 やっぱうまい! 流石です。 ドラムのエルナンデスに期待してたんですが、 リハーサル不足か、はたまた時差ボケか、ミスが目立ちましたね。 もう少しうまく立ち回るのかと思ってました・・・。 『高中正義』 は相変わらずという感じでした。 音が回ってしまっていて、楽器毎の音が出てなかったですね。 いやぁ、それにしても音がでかくて辟易でした。 高中に限った話ではないですが、 サウンドのバランスの悪さといったらなかったですね。 どこのPA業者だったんでしょうか。 最初のPAオフといい、選択ミスといっていいと思います。 うるさい音から逃げるように、ホール外に出る人が周りで多かったです。 川口千里と平陸の高校生パワー炸裂でしたね。 元気があって良かったんですが、 観客は、耳の肥えた年配者ばかりだから・・・。 ノリだけで押し通したって感じでしたね。 『ナニワエキスプレス』 は、そんな雰囲気に引っ張られて、 ドップラー効果のように終わってしまったって感じで。 MCは楽しかったけど、逆になんか興醒めでした。 うーん、なんか企画のピントがズレている感じでした。 いいバンド、いい音楽、いい時間を楽しみにしてたんですが、 バンドがよくてもね、残念でした。 全体の進行もおざなりな感じで、終わってみれば苦痛の6時間でした。 次回開催されても、ごめんなさい、たぶん行かないと思います。

    larryleepat
amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

NANIWA EXPRESS のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み