板倉俊之(イタクラトシユキ) のチケット情報

お気に入り登録する
板倉 俊之(いたくら としゆき、1978年1月30日 - )は、日本のお笑いタレント、作家で、インパルスのボケ担当である。

兵庫県宝塚市生まれ、埼玉県志木市育ち。吉本興業所属。東京NSC4期生。私立獨協埼玉高等学校卒業。身長168cm、体重48kg。

略歴
* 1998年 堤下敦とコンビを結成。コンビ結成以前はロバートの秋山竜次、馬場裕之と「ゼナイル」を組んでいた(当時はツッコミ)。
** ゼナイルから脱退した理由は、板倉自身がボケをやりたくなったから。
* 2009年5月 交際していた女優の大谷允保と破局していたことが明らかとなる。
* 2009年7月5日 自身が執筆した本格ハードボイルド小説「トリガー」を出版。また同小説は、実業之日本社 より、漫画化(原作:板倉俊之、作画:武村勇治)された。
* 2012年4月23日 自身2冊目となる小説「蟻地獄」を出版。
* 2013年 「ガンダムエース」にて自身3冊目となる小説「機動戦士ガンダム ブレイジングシャドウ」を連載。
* 2016年 小学校を卒業した埼玉県富士見市の「PR大使」に就任する事が発表される。

人物
* コントはすべて板倉の作・演出でよく練られており、さまざまな職業、キャラクターを演じ分け、言葉遊びを用いることが多い。様々なキャラクターを演じ分ける「天才肌芸人」の1人である。また、自身の好きな漫画のキャラクターを演じるコントがある(コント「取り調べ」では『MONSTER』のヨハン・リーベルト、コント「カリスマ美容師によろしく」では『ブラックジャックによろしく』の斉藤英二郎を模倣している)。
* 好きな女優は菅野美穂で同学年で同じ埼玉県育ちである。ハリウッドスターのブラッド・ピットのファンでもある。
* 趣味はエアガン収集とサバイバルゲームであり、特にネイビーシールズの装備品に関してはCIRASなどの比較的古い装備から現用の装備まで多数コレクションする程の熱愛ぶりである。その他には漫画、TVゲーム、映画鑑賞などがある。
* 実兄は東大卒でキリンビールの開発グループに勤務している。
* 将棋好きでもあり、2013年頃からはニコニコ生放送の将棋関連番組に出演するケースが増えている。2014年6月には、漫画『駒ひびき』の原作者・さがら総と対局した模様が公開された。
* メタルギアシリーズのファンでもあり、M
「板倉俊之」『ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典』。2019年03月05日(火) 07:46UTC
公式サイト
公演レビュー

全0件を見る

まだレビューがありません レビューを投稿する

amazon
アイコン説明
アラートメール登録ボタン
行きたい公演をアラート登録(発売情報やリセール申込情報など購入チャンスをお知らせ)
お気に入り登録ボタン
お気に入り登録
先行予約・販売ラベル
プレリザーブ、プリセール等
プレミアム会員ラベル
プレミアム会員限定
座席選択ラベル
座席選択可能

板倉俊之 のチケット予約・購入はチケットぴあで!

ページ上部へ

絞込み